「Toll様受容体」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎機能: ニ(カタカナ)→二(漢字))
TLRまたはTLR類似の[[遺伝子]]は、[[哺乳類]]やその他の[[脊椎動物]]([[インターロイキン]]1受容体も含む)、また[[昆虫]]などにもあり、最近では[[植物]]にも類似のものが見つかっていて、[[進化]]的起源は[[ディフェンシン]](細胞の出す抗菌性ペプチド)などと並び非常に古いと思われる。さらにTLRの一部分にだけ相同性を示すタンパク質(RP105など)もある。
 
TLRやその他の自然免疫に関わる受容体は、病原体に常に存在し(進化上保存されたもの)、しかも病原体に特異的な(宿主にはない)パターンを認識するものでなければならない。そのためにTLRは、[[細菌]]表面の[[リポ多糖]](LPS)、[[リポタンパク質]]、[[べん毛]]の[[フラジェリン]]、[[ウイルス]]の二本鎖[[リボ核酸|RNA]]、細菌やウイルスの[[DNA]]に含まれる非メチル化CpGアイランド(宿主のCpG配列はメチル化されているので区別できる)などを認識するようにできている。
 
TLRは特定の[[分子]]を認識するのでなく、上記のようなある一群の分子を認識するので、'''パターン認識受容体'''という言い方もされる。
| TLR 2 || [[リポタンパク質]]; [[グラム陽性菌]]の[[ペプチドグリカン]]; [[リポテイコ酸]]; [[真菌]]の[[多糖]]; [[ウイルス]]の[[糖タンパク質]] || MyD88依存性TIRAP
|-
| TLR 3 || 二本鎖[[リボ核酸|RNA]](一部のウイルスにある)、ポリI:C(合成[[核酸]]) ||
MyD88非依存性TRIF/TICAM
|-
匿名利用者