「川勝隆房」の版間の差分

編集の要約なし
(加筆。)
編集の要約なし
 
| 主君 = [[徳川家光]]→[[徳川家綱|家綱]]→[[徳川綱吉|綱吉]]
| 藩 =
| 氏族 = 本姓:[[秦氏]]、[[秦河勝]]後裔<br /> 名字:[[川勝氏]]
| 父母 = 父:[[川勝重氏 (勘左衛門)|川勝重氏]]、母:[[村上信清]]の二女
| 兄弟 = [[川勝長氏|長氏]]、[[川勝広恒|広恒]]、'''川勝隆房'''、<br /> [[川勝隆尚|隆尚]]、女子([[牛込重忝]]室)、<br /> 女子([[美濃部茂命]]室)、<br /> 女子(福嶋左衛門大夫家臣[[森種貫]]室)
| 妻 = 正室:'''[[馬淵氏]]の娘'''
| 子 = '''[[川勝隆成|隆成]]'''、[[川勝隆明|隆明]]、[[川勝広英|広英]]、<br /> 女子([[岡田由重]]室)、某
| 特記事項 =
}}
 
== 生涯 ==
[[寛永]]8年([[1631年]])、[[川勝重氏 (勘左衛門)|川勝重氏]]の三男として[[江戸]]に生まれた。[[慶安]]3年([[1650年]])9月3日、召されて江戸城西の丸の将軍世子[[徳川家綱]]に仕える[[小十人]]に列し、同日初めて将軍[[徳川家光]]に拝謁した。その後江戸城本城で仕え[[蔵米]]100俵を給わり、旗本家を興した。家紋は五七桐、釘抜。通し字は「'''隆'''」。
 
[[明暦]]3年([[1657年]])12月25日、先の江戸城延焼の時のに際し、隆房らが具足を緊急に持ち出したことを賞せられ、黄金1枚を賜った。[[万治]]2年([[1659年]])6月9日、[[組頭]]に進み、同年12月23日に200俵を加えられた<ref>嫡男の隆成が大番の組頭に進み更に100俵を加えられて、合わせて蔵米400俵の禄高となった。</ref>。[[寛文]]5年([[1665年]])5月16日、職を辞し小普請となり、寛文8年([[1668年]])5月25日に[[大番]]に列した。[[延宝]]4年([[1676年]])10月25日材木奉行に転じた。[[元禄]]2年([[1689年]])12月29日に職を辞し、[[宝永]]3年([[1706年]])7月2日、76歳で没した。家督は嫡男の隆成が継いだ<ref>二男の隆明が隆尚流川勝家に、三男の広英が知氏系重氏流川勝家に、それぞれ養子に入った。</ref>
 
家督は嫡男の隆成が継いだ。二男の隆明が隆尚流川勝家に、三男の広英が知氏系重氏流川勝家に、それぞれ養子に入った。
 
[[明暦]]3年([[1657年]])12月25日、先の本城延焼の時の具足持ち出しを賞せられ、黄金1枚を賜った。[[万治]]2年([[1659年]])6月9日、[[組頭]]に進み、同年12月23日に200俵を加えられた<ref>嫡男の隆成が大番の組頭に進み更に100俵を加えられて、合わせて蔵米400俵の禄高となった。</ref>。[[寛文]]5年([[1665年]])5月16日、職を辞し小普請となり、寛文8年([[1668年]])5月25日に[[大番]]に列した。[[延宝]]4年([[1676年]])10月25日材木奉行に転じた。[[元禄]]2年([[1689年]])12月29日に職を辞し、[[宝永]]3年([[1706年]])7月2日、76歳で没した。家督は嫡男の隆成が継いだ<ref>二男の隆明が隆尚流川勝家に、三男の広英が知氏系重氏流川勝家に、それぞれ養子に入った。</ref>。
 
== 脚注 ==
*『寛政重修諸家譜(第18)新訂』続群書類従完成会、1981年
 
== 関連項目 ==
*[[川勝氏]]
 
{{先代次代|川勝知氏系隆房流|初代:1650年 - 1706年|([[川勝重氏 (勘左衛門)|重氏]])|[[川勝隆成|隆成]]}}
匿名利用者