「ヴィリアーズ家」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (Bot作業依頼: クラクロフト貴族名鑑のリンク切れ修正 (www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/) - log)
m
 
一方[[1619年]][[7月19日]]には初代バッキンガム公の異母長兄[[ウィリアム・ヴィリアーズ (初代準男爵)|ウィリアム]]<small>(1575頃-1629)</small>が[[準男爵]]<ref>{{Cite web |url= http://thepeerage.com/p10563.htm#i105622 |title= Sir William Villiers, 1st Bt. |accessdate= 2015-08-14 |last= Lundy |first= Darryl |work= [http://thepeerage.com/ thepeerage.com] |language= 英語 }}</ref>、同母兄{{仮リンク|ジョン・ヴィリアーズ (初代パーベック子爵)|label=ジョン|en|John Villiers, 1st Viscount Purbeck}}<small>(1591頃-1658)</small>がイングランド貴族「パーベック子爵(Viscount Purbeck)」と「'''バッキンガム州におけるストック男爵'''(Baron Stoke, in the County of Buckingham)」に叙された<ref>{{Cite web |url= http://thepeerage.com/p10563.htm#i105626 |title= John Villiers, 1st Viscount Purbeck |accessdate= 2015-08-14 |last= Lundy |first= Darryl |work= [http://thepeerage.com/ thepeerage.com] |language= 英語 }}</ref>。[[1623年]][[4月18日]]には同母弟{{仮リンク|クリストファー・ヴィリアーズ (初代アングルシー伯)|label=クリストファー|en|Christopher Villiers, 1st Earl of Anglesey}}<small>(1593頃-1630)</small>も「'''ウェールズにおける[[アングルシー伯爵]]'''」に叙されている<ref>{{Cite web |url= http://thepeerage.com/p10563.htm#i105628 |title= Christopher Villiers, 1st Earl of Anglesey |accessdate= 2015-08-14 |last= Lundy |first= Darryl |work= [http://thepeerage.com/ thepeerage.com] |language= 英語 }}</ref>。しかしこれらの称号・爵位も子孫が途絶えたために消滅している<ref>{{Cite web |url= http://thepeerage.com/p33315.htm#i333147 |title= Sir William Villiers, 3rd Bt. |accessdate= 2015-08-14 |last= Lundy |first= Darryl |work= [http://thepeerage.com/ thepeerage.com] |language= 英語 }}</ref><ref>{{Cite web |url= http://thepeerage.com/p634.htm#i6340 |title= Charles Villiers, 2nd Earl of Anglesey |accessdate= 2015-08-14 |last= Lundy |first= Darryl |work= [http://thepeerage.com/ thepeerage.com] |language= 英語 }}</ref>。
 
初代バッキンガム公の異母次兄{{仮リンク|エドワード・ヴィリアーズ (1626年没)|label=エドワード|en|Edward Villiers (Master of the Mint)}}<small>(1585頃-1626)</small>の家系のみが現在まで続いている。このエドワードは[[アイルランド貴族]]初代{{仮リンク|グランディソン子爵|en|Viscount Grandison}}{{仮リンク|オリバー・シンジョン (初代グランディソン子爵)|en|Oliver St John, 1st Viscount Grandison|label=オリバー・シンジョン}}の姪バーバラと結婚したため、その間の子らは女系継承で「'''リメリックのグランディソン子爵'''(Viscount Grandison of Limerick)」位を継承した<ref>{{cite DNB|wstitle=Villiers, Edward (1585?-1626)}}</ref>。[[ウィリアム・ヴィリアーズ (第2代グランディソン子爵)|ウィリアム]]<small>(1614-1643)</small>、[[ジョン・ヴィリアーズ (第3代グランディソン子爵)|ジョン]]<small>(-1661頃)</small>、[[ジョージ・ヴィリアーズ (第4代グランディソン子爵)|ジョージ]]<small>(1617頃-1699)</small>と兄弟順の相続が続き、ジョージの孫に当たる5代グランディソン子爵[[ジョン・ヴィリアーズ (初代グランディソン伯爵)|ジョン]]<small>(1684頃-1766)</small>は[[1721年]][[9月11日]]にアイルランド貴族「'''リートリム県のグランディソン伯爵'''(Earl Grandison, of County Leitrim)」に叙されたが、同伯爵位は一代で絶えている(グランディソン子爵位は後述するジャージー伯爵家が継承)<ref>''Cracroft's Peerage: The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage'' - 'Grandison, Earl (I, 1721 - 1766)' http://www.cracroftspeerage.co.uk/grandison1721.htm</ref><ref>{{Cite web |url= http://thepeerage.com/p2633.htm#i26326 |title= John FitzGerald, 1st and last Earl Grandison |accessdate= 2015-08-14 |last= Lundy |first= Darryl |work= [http://thepeerage.com/ thepeerage.com] |language= 英語 }}</ref>。ただし、ウィリアムの娘[[バーバラ・パーマー]]は[[チャールズ2世 (イングランド王)|チャールズ2世]]の愛人となり[[クリーヴランド公爵]]に叙せられ、バーバラとチャールズ2世の庶子[[チャールズ・フィッツロイ (第2代クリーヴランド公爵)|チャールズ・フィッツロイ]]と[[ヘンリー・フィッツロイ (初代グラフトン公)|ヘンリー・フィッツロイ]]兄弟はそれぞれクリーヴランド公、[[グラフトン公]]に叙せられ、クリーヴランド公家は途絶えたがグラフトン公家が現在まで続いている{{sfn|森護|1994|p=40}}
 
エドワードの末子{{仮リンク|エドワード・ヴィリアーズ (1620-1689)|label=エドワード|en|Edward Villiers (1620–1689)}}<small>(1620-1689)</small>の子[[エドワード・ヴィリアーズ (初代ジャージー伯爵)|エドワード]]<small>(1656-1711)</small>は、[[1691年]][[3月20日]]に[[イングランド貴族]]爵位「'''ケント州におけるダートフォードのヴィリアーズ子爵'''(Viscount Villiers, of Dartford in the County of Kent)」と「'''ケント州におけるホーのヴィリアーズ男爵'''(Baron Villiers, of Hoo in the County of Kent)」に叙せられ、ついで[[1697年]][[10月13日]]にイングランド貴族「'''[[ジャージー伯爵|ジャージー伯爵(ジャージー島伯爵)]]'''(Earl of the Island of Jersey)」に叙せられた<ref>{{Cite web |url= http://thepeerage.com/p1363.htm#i13623|title= Edward Villiers, 1st Earl of the Island of Jersey|accessdate= 2015-08-14 |last= Lundy |first= Darryl |work= [http://thepeerage.com/ thepeerage.com] |language= 英語 }}</ref><ref>{{cite DNB|wstitle=Villiers, Edward (1656-1711)}}</ref>。
*{{Cite book|和書|author=[[今井宏 (歴史学者)|今井宏]]編|year=1990|title=イギリス史〈2〉近世|series=世界歴史大系|publisher=[[山川出版社]]|isbn=978-4634460201|ref=harv}}
*{{Cite book|和書|author=[[海保眞夫]]|year=1999|title=イギリスの大貴族|series= [[平凡社新書]]020|publisher=[[平凡社]]|isbn=978-4582850208|ref=harv}}
*{{Cite book|和書|author=[[水谷三公]]|year=1987|title=英国貴族と近代 持続する統治1640-1880|publisher=[[東京大学出版会]]|isbn=978-4130300636|ref=harv}}
* {{Cite book|和書|author=[[森護]]|year=1994|title=英国王室史事典-Historical encyclopaedia of Royal Britain-|publisher=[[大修館書店]]|id=ISBN 978-4469012408|ref=harv}}
{{デフォルトソート:ういりあすけ}}