「エリーザベト・フォン・デア・プファルツ (1618-1680)」の版間の差分

m
編集の要約なし
タグ: Refタグつき記述の除去
m
更に三弟エドゥアルトが[[1645年]]にカトリックに改宗したことや、翌[[1646年]]に末弟フィリップが殺人容疑で逃亡したことに衝撃を受けて病気になった際、たびたびデカルトから手紙で励まされ回復した。流浪の身のエリーザベトは同年にハーグを退去、一時従弟の[[ブランデンブルク辺境伯領|ブランデンブルク]][[ブランデンブルク統治者の一覧|選帝侯]][[フリードリヒ・ヴィルヘルム (ブランデンブルク選帝侯)|フリードリヒ・ヴィルヘルム]](大選帝侯)の宮廷に逗留した。[[1649年]]のデカルトからの長い手紙の最後のものは、エリーザベトの母方の叔父であるイングランド王[[チャールズ1世 (イングランド王)|チャールズ1世]]の[[清教徒革命]]([[イングランド内戦]])による処刑についても悼む言葉を述べ、[[ヴェストファーレン条約]]の結果兄のカール1世ルートヴィヒはプファルツに復帰できるが、領地が半減になることに対しては半減しても価値がある物とエリーザベトに書き送っている。[[1650年]]に兄と共にハイデルベルクへ戻ったが、兄の離婚・再婚に憤慨して離れるなど、相変わらず家族とはしっくりいかなかった上、哲学論争でデカルトと対立したシュルマンと疎遠になり、[[スウェーデン]]へ招かれたデカルトが客死するなど、交友関係でも大きな喪失を迎えた{{sfn|野田又夫|1966|p=47-48}}{{sfn|宮本絢子|1999|p=68-70}}{{sfn|山田弘明|2001|p=305-307}}{{sfn|マルヨ・T・ヌルミネン|日暮雅通|2016|p=249-251,258}}。
 
その後は大選帝侯の妹で[[ヘッセン=カッセル方伯領|ヘッセン=カッセル]][[ヘッセンの統治者一覧|方伯]][[ヴィルヘルム6世 (ヘッセン=カッセル方伯)|ヴィルヘルム6世]]に嫁いだ[[ヘートヴィヒ・ゾフィー・フォン・ブランデンブルク|ヘートヴィヒ・ゾフィー]]を頼って[[カッセル]]で暮らした。[[1634年]]から[[1635年]]にかけ、カトリック教徒の[[ポーランド王国|ポーランド]][[ポーランド国王|王]][[ヴワディスワフ4世 (ポーランド王)|ヴワディスワフ4世]]から求婚されたこともある。ヴワディスワフ4世は[[ローマ教皇|ローマ教皇]]から特免状を取り付け、元老院にもエリーザベトとの結婚を承諾させたが、エリーザベトは国王にカトリックへの改宗を求められると、断固として拒絶したため破談となった{{sfn|宮本絢子|1999|p=68}}{{sfn|山田弘明|2001|p=305-307}}。
 
[[1661年]]にヘルフォルト女子修道院の{{仮リンク|補佐修道院長|en|Coadjutor bishop}}となり、[[1667年]]に修道院長に就任した。そこで領地経営に手腕を発揮、殖産興業と修道院の図書室拡張に尽くし、修道女に勉学を勧めるなど文芸を振興した。また長い年月の間に、エリーザベトの精神には夢想的・神秘的な傾向が色濃くなり、[[1670年]]から[[1672年]]まで{{仮リンク|ラバディスト|en|Labadists}}を、その後は[[クエーカー]]をヘルフォルト修道院領に受け入れた。哲学者[[ニコラ・ド・マルブランシュ]]や[[ゴットフリート・ライプニッツ]]とも交流を持ち、ラバディストに加わっていた旧友シュルマンを他のラバディストと共に匿い和解、クエーカー教徒でエリーザベトと文通し合っていた[[ウィリアム・ペン]]は[[1676年]]と[[1677年]]に2度ヘルフォルトを訪問した時エリーザベトに歓迎され、彼女の死を悼む文章を残している。しかしエリーザベトの神秘思想に対する愛好は、敬虔な[[ルーテル教会|ルター派]]信徒である修道院領内の住民たちとの紛争の種になった。ラバディストがヘルフォルトを退去したのもこうした軋轢が原因とされている{{sfn|エリザベス・ヴァイニング|高橋たね|1950|p=181-182}}{{sfn|宮本絢子|1999|p=70-71}}{{sfn|山田弘明|2001|p=307-309}}{{sfn|マルヨ・T・ヌルミネン|日暮雅通|2016|p=263-264}}。