「梅ちゃん先生」の版間の差分

m
外部リンクの修正 http:// -> https:// (megalodon.jp) (Botによる編集)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (megalodon.jp) (Botによる編集))
NHKが[[2011年]][[6月29日]]に記者発表して概要を明らかにした。[[尾崎将也]]の書き下ろしによるオリジナルストーリーで、同年[[3月11日]]に発生した[[東北地方太平洋沖地震]]([[東日本大震災]])の復興支援プロジェクトの一環として位置づけられた。同年[[11月14日]]、同震災では市役所が全壊するなど、[[津波]]より[[地震]]や[[液状化]]による被害の方が大きかった[[茨城県]][[高萩市]]にてクランクインした<ref>{{Cite news |title=堀北真希「頭に浮かんだのは3月11日」 |newspaper=nikkansports.com |publisher=日刊スポーツ新聞社 |date=2011-11-14 |url=http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20111114-863371.html |archiveurl=https://archive.is/fpDL4 |archivedate=2013-05-23}}</ref><ref>{{Cite news |title=東日本大震災被害状況 |format=PDF |publisher=茨城県高萩市 |date=2012-09-11 |url=http://www.city.takahagi.ibaraki.jp/news.php?code=540 |archiveurl=https://archive.is/gsiML |archivedate=2013-05-23}}</ref>。
 
[[第二次世界大戦]]末期の[[空襲]]([[日本本土空襲#東京|京浜空襲]])により焦土となった[[東京都]][[蒲田区]]([[1947年]]から[[大田区]][[蒲田]])を物語の出発点とし、3人兄妹の末っ子・下村梅子が、[[学制改革]]前の[[旧制医学専門学校]]である城南女子医学専門学校に進学、様々な経験を経た後に[[町医者]]となり、地域の人たちと支え合いながら[[連合国軍占領下の日本|戦後占領期]]から[[高度経済成長]]期を生きていくという物語である<ref name="mantan20120409">{{Cite news |url=http://mainichi.jp/mantan/news/20120409dyo00m200005000c.html |title=堀北真希:京急線に“梅ちゃん電車”「うれし恥ずかしい」 |newspaper=毎日jp |publisher=毎日新聞社 |date=2012年4月9日 |archiveurl=http://web.archive.org/web/20120629213054/http://mainichi.jp/mantan/news/20120409dyo00m200005000c.html |archivedate=2012年6月29日}}</ref>。なお、ヒロインのモデルは実在しないものの、ヒロインと同年代に入学した蒲田医師会の女医たちの当時の実体験が台本づくりに反映されている<ref>{{Cite news |title=梅ちゃん先生 |work=日医ニュース プリズム|publisher=[[日本医師会]] |date=2012-10-05 |url=http://www.med.or.jp/nichinews/n241005q.html}}</ref>。また、ヒロインが通う城南女子医学専門学校を描く上で[[東邦大学]][[医学部]][[医学科]]の前身「帝国女子医学薬学専門学校」の資料を参考にしている<ref>{{Cite news |title=NHK朝ドラ『梅ちゃん先生』の背景を知る。企画展『女子医学生が過ごした日々』 |format=PDF |newspaper=城南タイムス |author=帝国女子医学薬学専門学校 |authorlink=東邦大学#沿革 |date=2012-07-15 |url=http://www.archives.toho-u.ac.jp/blog/tjoimi0000001o2k-att/tjoimi0000001o42.pdf |archiveurl=httphttps://megalodon.jp/2013-0523-1558-19/www.archives.toho-u.ac.jp/blog/tjoimi0000001o2k-att/tjoimi0000001o42.pdf |archivedate=2013-05-23}}</ref>。主演は[[堀北真希]]で、[[オーディション]]を経ずに起用された<ref>{{Cite news |title=堀北真希主演!朝ドラ「梅ちゃん先生」制作のおしらせ |work=NHKドラマトピックス |publisher=NHKオンライン |date=2011-06-29 |url=http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/87236.html |archiveurl=https://archive.is/LiWfA |archivedate=2013-05-23}}</ref>。また堀北以外のキャストについても[[9月13日]]の記者発表で明らかになった<ref>{{Cite news |title=朝ドラ「梅ちゃん先生」主な出演者決定! |work=NHKドラマトピックス |publisher=NHKオンライン |date=2011-09-13 |url=http://www9.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/94984.html |archiveurl=https://archive.is/zwV3B |archivedate=2013-05-23}}</ref>。
 
本作から、[[NHK BSプレミアム|BSプレミアム]]での再放送の開始時刻が、18:45から23:00に変更された(BSプレミアムで23時の再放送を告知する番組宣伝が多く流されている)。また、『[[NHKとっておきサンデー]]』での週間ダイジェスト版は23分から20分に変更され、BSプレミアムでも20分版のダイジェストが毎週土曜日18:45から先行放送されている。なお日曜夕方のダイジェスト5分版の変更はなし。