「シルクロード」の版間の差分

モンゴルの[[ツァヒアギーン・エルベグドルジ]]大統領が同名の中露蒙経済回廊を提唱していることでも知られている<ref>{{cite news |title=習近平主席がモンゴル国のエルベグドルジ大統領と会談、両国の全面的な戦略パートナーシップの絶え間な位発展を推進すると強調|url=http://jp.xinhuanet.com/2015-11/11/c_134805643.htm|author=|agency=[[新華社]]|date=2015-11-11|accessdate=2016-05-19}}</ref><ref>{{cite news |title=習近平主席が中露蒙首脳会議に出席|url=http://j.people.com.cn/n/2015/0710/c94474-8918669.html|author=|agency=[[人民日報]]|date=2015-07-10|accessdate=2016-05-19}}</ref>。
 
=== 「オアシスの道」 ===
東トルキスタンを横切って東西を結ぶ[[キャラバン|隊商]]路「オアシスの道」が、リヒトホーフェンが名付けたところの「シルクロード」である。長安を発って、今日の[[蘭州市]]のあたりで[[黄河]]を渡り、[[河西回廊]]を経て[[敦煌市|敦煌]]に至る。ここから先の主要なルートは次の3本である。[[中央アジア#西トルキスタン|西トルキスタン]]<ref>現在の[[ウズベキスタン]]、[[トルクメニスタン]]などを含む地域。</ref>以西は多数のルートに分岐している。このルート上に住んでいた[[ソグド人]]が、シルクロード交易を支配していたといわれている。東トルキスタンの興亡史については、「[[西域]]」「[[楼蘭]]」「[[ホータン王国]]」「[[中国の歴史]]」などを参照のこと。
[[File:Silk-Road course.jpg|thumb|300px|オアシスの道<br/>(ロプノールが干上がると、楼蘭を経由する水色のルートは通行が困難になった。)]]