「シク教ニランカーリー派」の版間の差分

編集の要約なし
m
タグ: Refタグつき記述の除去
 
== 歴史 ==
19世紀の前半、シク教徒はランジート・シングの下でシク教国と共に権力を握りました。この強さはシク教徒によって深く賞賛され、大事にされました <ref name=":3">{{Cite web|date=2018-11-18|title=Who are Nirankaris?|url=https://indianexpress.com/article/who-is/who-are-nirankaris/|accessdate=2020-11-01|website=The Indian Express|language=en}}</ref> <ref>{{Cite web|title=Ref1|url=https://www.theindiapost.com/articles/biography-of-nirankari-baba-baba-hardev-singh-ji/}}</ref> ニランカーリー派は1851年にサハイダリのダヤル・ダースによって設立されました。彼はシク教徒をグラント(シク教の経典)に再び焦点を合わせ、シク教徒の信念と習慣を改革することを目的としていました。ダヤル・ダースの息子で後継者であるダルバール・シングは、ダヤル・ダースの本質的な教えを収集して記録し、ラワルピンディの外にニランカーリーコミュニティを設立しました。ニランカーリーは、運動の3番目のリーダーであるSahib Rattaji(1870–1909)の時点で、数千人に上ると推定されていました。ニランカーリーのビレーダー制度が始まり、そこで生きている教祖が地元の代表者を任命し、遠くの町や村で地元のニランカーリーを監視し、指導しました。ビレダーの事務所は実際には遺伝的な事務所であるとウェブスターは述べている。
 
1918年のインド国勢調査では、14,001人のヒンドゥー教徒と46,610人のシク教徒が自分たちをニランカーリーと認定しました。彼らの4番目の指導者であるグルディット・シングの下で、ニランカーリーの何人かはシング・サバ・シク教徒のリバイバル運動に興味を持った。 Nirankarisは、1909年のAnand MarriageActをシク教徒の人々の注意を引くのに役立ちました。運動の5番目の教祖であるSahibHara Singh(1877–1971)は運動の再編成を開始し、後に彼の長男であるBaba GurbaxSinghに引き継がれました。
== ニランカーリーフカムナーマ ==
ニランカーリーシク教の伝統における19世紀の文書は、「ニランカーリーフカムナーマ」と呼ばれています。このフカムナーマは、1855年から1870年にかけてグループのサット・グルであったダヤル・ダースの長男ダーバラ・シングによって発行されました。「SriSatguruDayal」は個人的に神を訪れ、そこで彼と会うために彼の領域で神と集まった10人のシク教徒のグルにも会ったと述べています。神はダヤル・ダースに儀式と習慣をシク教徒に説教するように命じました。フカムナーマによれば、神はダヤル・ダースに、ダヤル・ダースに従うシク教徒は天国に行くが、バラモンに従うシク教徒は地獄への道を進んでいると語った。このテキストは、誕生、結婚式、そして死に関連するニランカーリーシク教の儀式について説明しています。また、アーナンドの儀式を確認し、白い布に包まれた死体を川に投げ込むことに関連する儀式も含まれています。フカムナーマは、ニランカーリーシク教の儀式の概要を明確に示しており、ヒンドゥー教とイスラム教の両方の儀式を拒否しています。
 
『サント・ニランカーリー教団』を参照。
 
== 参考文献 ==
118

回編集