「ロベルト・リベリーノ」の版間の差分

少加筆と出典代行、一部出典の無い記述を削除、またこのページはジャウミーニャのページではないのでジャウミーニャに関する一部の詳し過ぎる記述を削除
m (Botによる: {{Normdaten}}を追加)
(少加筆と出典代行、一部出典の無い記述を削除、またこのページはジャウミーニャのページではないのでジャウミーニャに関する一部の詳し過ぎる記述を削除)
[[1962年]]に[[SCコリンチャンス・パウリスタ|コリンチャンス]]に入団。[[1965年]]にトップチームの公式戦にデビュー。同年、19歳で[[サッカーブラジル代表|ブラジル代表]]に初選出され[[サッカーハンガリー代表|ハンガリー]]戦に出場した。
 
[[1970年]]の[[1970 FIFAワールドカップ|メキシコワールドカップ]]では、左ウイングのレギュラーとして、グループリーグ初戦で1ゴール、準々決勝の[[サッカーペルー代表|ペルー]]戦では1ゴール2アシスト、準決勝の[[サッカーウルグアイ代表|ウルグアイ]]戦でも1ゴール<ref name=transfer>{{cite web | url =https://www.transfermarkt.co.uk/roberto-rivelino/nationalmannschaft/spieler/10201| title=Rivelino| publisher=transfermarket| accessdate =17 March 2021}}</ref>、決勝の[[サッカーイタリア代表|イタリア]]戦では1アシストと3得点をあげるなどゴール3アシストの活躍で<ref name=transfer/>、優勝に貢献した。[[ペレ]]、[[トスタン]]、[[ジャイルジーニョ]]、[[ジェルソン・デ・オリヴェイラ・ヌーネス|ジェルソン]]、[[クロドアウド・タバレス・デ・サンターナ|クロドアウド]]らを擁したブラジルは、7戦全勝と強さを見せつけ、史上最強のブラジル代表といわれた。
 
ペレの引退後のブラジル代表ではトップ下の位置で背番号10をつけ、ペレの後継者として活躍した。[[1974年]]の[[1974 FIFAワールドカップ|ワールドカップ]]でも2次リーグの3試合で2ゴールを挙げるなど、合計3得点をげた<ref name=transfer/>。この大会では対[[サッカー東ドイツ代表|東ドイツ]]戦では、相手選手の作った壁の間にはいったジャイルジーニョがリベリーノがボールを蹴る直前にしゃがみ込み、そのわずかなすき間を通過させるという、トリッキーなゴールを決めた[http://www.youtube.com/watch?v=Rm9aKk3hTKw]。
 
[[1978年]]の[[1978 FIFAワールドカップ|ワールドカップ]]では大会に入ってから初戦[[サッカースウェーデン代表|スウェーデン]]戦ではフル出場するも<ref name=transfer/>、足の負傷で3試合の出場にとどまった。リベリーノはワールドカップに3度出場、15試合6得点。代表公式戦には通算122試合出場、43得点をあげた。
 
晩年は[[サウジアラビア]]の[[アル・ヒラル]]でプレーし[[1982年]]に引退。
 
=== その後 ===
[[1994年]]セカンドステージから[[清水エスパルス]]の監督に就任したが,成績不振のためこの年限りで辞任した。また、後にブラジル代表選手となる[[ジャウミーニャ]]を入団させた。
[[澤登正朗]]へFKの個人指導をする等、自らの技術をチームに伝える指導に熱心であった。
また、後にブラジル代表選手となる[[ジャウミーニャ]]を入団させた。彼はチーム在籍1年であったが、ドリブルからシュートまで持っていける個人技でチームの攻撃を担った。(その後、彼は[[パルメイラス]]を経て、[[デポルティーボ・ラ・コルーニャ]]で1997年~2004年まで在籍。(2002-2003年のレンタル移籍も含む)ピッチの魔術師と言われ、ヨーロッパの舞台に活躍した。)
 
[[1999年]]、 [[ワールドサッカー (雑誌)|ワールドサッカー]]誌の[[ワールドサッカー (雑誌)#20世紀の偉大なサッカー選手100人|20世紀の偉大なサッカー選手100人]]で38位に選出された。