「巡査部長」の版間の差分

数字。→‎諸外国: 欧文のヒラク半角括弧の前に半角アキ。refタグ内の句読点。出典。
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
(数字。→‎諸外国: 欧文のヒラク半角括弧の前に半角アキ。refタグ内の句読点。出典。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター 改良版モバイル編集 メディア除去
「巡査部長」は'''階級名'''であり、行政機関や企業における役職である「部長」とは異なる。警察では各都道府県本部に[[警備部|警備部長]]、[[刑事部|刑事部長]]などの部長職があるが、主に警視正から警視監が就任する上級幹部職である。警察官同様に比較的下位の階級名に用いている職種としては[[刑務官]]や[[消防団員]]がある。
 
全警察官の約30%の900009万人が巡査部長である。
 
== 任官・昇任 ==
一般的に憲兵隊を持つ国では軍隊(憲兵)の階級体系に対応付けしていることが多い。
 
巡査部長までの階級体系が多い(5 - 9階級と多い国([[フランス]]や[[ドイツ]]など)では、巡査部長は最上級の下士官 - 准尉に格付けされている。
 
米英では士官(警部補)の下で現場のリーダーとなる存在を象徴的にsergeant(下士官)と呼び、軍曹の階級章と同様のものを用いている。
 
; フランス
: 軍隊および国家憲兵と横並びの階級体系を持ち、3階級存在する。()記号 () 内は陸軍および憲兵隊の対応階級。下から巡査部長 {{lang-fr-short|Brigadier de police(adjutantpolice}} ({{lang|fr|adjutant}} 准尉<ref>英国の2等准尉 米国の上級曹長に該当する</ref> OR8), 主任巡査部長 {{lang-fr-short|brigadier chef de police}} ({{lang|fr|adjutant chef}} 上級准尉 OR9), 上級巡査部長 {{lang|fr|major de police}} ({{lang|fr|major}} 准尉長<ref>英国の1等准尉 米国のCSM 最先任上級曹長に該当する</ref> OR9)OR9)。
:{{Main|フランス国家警察#階級}}
; イギリス
: 軍曹を意味する{{lang|en|Seageant}}(サージェント)<ref> {{Cite web|title=sergeantの意味・使い方・読み方 {{!}} sάːdʒənt / (英国英語) {{!}} 英和辞書|url=https://ejje.weblio.jp/content/amp/sergeant?usqp=mq331AQQKAGYAY2W9LSewL2ZHrABIA%253D%253D|website=ejje.weblio.jp|accessdate=2021-03-25|publisher=Weblio}} </ref>が階級名に充てられ、軍曹と同じような3本の山形章を付けているが、軍隊における軍曹よりも格付けは上であり、勤務年数に応じて憲兵隊の曹長、連隊付曹長(准尉)に格付けされている。巡査の{{lang|en|Constable}} (コンスタブル) が下士官待遇。
; ドイツ
: 陸軍の階級体系に横並びになっている。{{lang-de-short|Polizeihauptmeister}} (OR-9 {{lang-en-short|Police chief Master}} 准尉),、 {{lang|de-short|links=no|Polizeiobermeister}} (OR-8 {{lang-en|Police Senior Master}} 上級曹長) で、下士官の最上位ランクに位置づけられている。警部補の職代行することもできる地位となっている。
 
== 脚注 ==