「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の版間の差分

 
=== ヤマト作戦(Cパート) ===
WILLEはNERVを壊滅させる「ヤマト作戦」を発動させる。旧南極のNERV本部に対し、大気圏外からヴンダーで強襲、冬月が乗る同型の2番艦による迎撃を受けるが切り抜け、NERV本部を爆撃、さらにアスカの新2号機とマリの改8号機を投下する。両機はMark.07の大軍を突破するが、新たな小型EVAの敵軍により改8号機が足止めされ、新2号機は単独で第13号機へと向かう。アスカは、まだ停止している第13号機に停止信号プラグを打ち込もうとするも失敗{{efn2|新2号機が第13号機を恐れて自らA.T.フィールドを展開してしまった。}}。アスカは自身と新2号機を第9の使徒と化す{{efn2|「裏コード999(スリーナイン)」を唱え、左眼に埋め込まれていた使徒封印柱を抜き取った。}}ことで事態の解決を図ろうとするが、突如第13号機が再起動して新2号機は大破し、アスカの眼前に式波シリーズのオリジナルが現れ、アスカを第13号機の中へ連れていく。第13号機が新2号機からプラグを抜き取ると、新2号機はLCLとなって崩壊する。
 
ヴンダーと交戦していた2番艦と3番艦が戦線離脱し、光の羽を展開、黒き月をもとに2本の槍を生成する。ヴンダー側はこれを好機と見て反撃しようとしたが、4番艦の不意打ちを受けて大破、Mark.09-Aによって再び制御システムを乗っ取られてしまう。改8号機はMark.09-Aを捕食吸収してアダムスの器の能力を手に入れる。
ここからは、アスカ、カヲル、レイの魂の救済が描写されていく。
 
まず、シンジがアスカの魂に呼びかけると、アスカは自身の過去や内面を吐露する。そこでは、泣いている幼いアスカの横に大人のケンスケが寄り添っていた。[[新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に|'''赤い'''海の砂浜]]で横になるアスカにシンジとマリが別れを告げ、アスカが乗った第13号機のエントリープラグが射出され、アスカの救済は幕を閉じる。次に、カヲルとシンジ、カヲルと加持の対話が続く。実はカヲルは複数人存在し、繰り返されて来たエヴァンゲリオンの作品世界で、シンジを幸せにするために何度も手助けして来たと告げる。しかし、本当は自分自身が幸せになるためにシンジを幸せにしたかったのだと気付いたカヲルは、加持と話しながらシンジのもとを去っていく。最後に、シンジは初号機の中のレイに語りかける。シンジは、自身の望みは世界をEVAのない新しい世界だと語り、そのような世界に作り変えることを伝えてレイを見送る。
 
シンジはEVAのない世界を作り変えるために「ネオン・ジェネシス{{efn2|TVシリーズのサブタイトルは「Neon Genesis EVANGELION」であるが、TVシリーズ・新旧劇場版を通じて言及されるのはこの箇所のみである。}}」を実行し自らと初号機を槍で貫こうとするが、シンジを守るかのようにユイが現れ、シンジを元の世界へと送り返す。そして初号機はユイを、第13号機はゲンドウを中に残したまま自らに槍を刺し、消滅する。続いて他のEVA{{efn2|零号機、2号機、3号機、Mark.04A、Mark.04B、Mark.04C、Mark.44A、Mark.44B、Mark.4444C、仮設5号機、Mark.06、Mark.07の順。}}も立て続けに槍に貫かれて消える。送り返されたシンジは、'''青い'''海の浜辺に座っていた{{efn2|ここでシンジの姿が線画を経て原画に変わっていくが、またアニメーションに戻る。}}。そこにマリが帰還し、彼女が機体から飛び降りた後、最後のEVAとなった彼女の機体もまた消滅する。
 
大人の姿になったシンジは[[宇部新川駅]]{{efn2|name="ubeshinkawa"}}のホームのベンチに座っていた。向かいのホームには会話しているレイとカヲルの姿があり、それとは別にアスカの姿もある。シンジのもとにマリが現れ、2人は手を繋いで階段を駆け登り、駅の外{{efn2|風景は実写調だが、そこを行き交う人々はアニメ調で描かれている。}}へ走っていった。