「苫小牧運転所」の版間の差分

キハ150形の運転範囲を修正(ダイヤ改正に伴う)。重複リンクを修正。併せて脚注節分離(連続投稿をお詫び申し上げます)。
(キハ40系350番台の営業運転終了について追記)
(キハ150形の運転範囲を修正(ダイヤ改正に伴う)。重複リンクを修正。併せて脚注節分離(連続投稿をお詫び申し上げます)。)
; [[国鉄キハ40系気動車 (2代)|キハ40形気動車]] (24両)
* 350番台の8両(351・353 - 359)、1700番台の16両(1701・1703 - 1706・1762・1763・1767・1771・1772・1780・1783 - 1787)計24両が配置されている。全車両が機関換装済み。
* [[室蘭本線]](全線)、[[千歳線]]・[[石勝線]]([[千歳駅 (北海道)|千歳]] - [[新夕張駅|新夕張]]間)、[[函館本線]]([[岩見沢駅|岩見沢]] - [[滝川駅|滝川]]間)、[[日高本線]]([[苫小牧駅|苫小牧]] - [[鵡川駅|鵡川]]間)の普通ワンマン列車に使用される<ref name="JRRL 39">ジェー・アール・アール編『普通列車編成両数表』Vol.39 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2018年。</ref><ref group="注釈">滞泊運用は、岩見沢運転所・帯広運転所・室蘭駅等が設定されている。</ref>。そのため全車両がワンマン運転に対応している。
** 350番台車はもともと日高本線の専用車で、以前は同じ敷地内に拠点を持つ[[日高線運輸営業所]]に所属していたが、[[2015年]][[1月8日]]に起きた高波による土砂流出等の影響で、鵡川 - 様似間が不通となっているため、現在は1700番台と同様の運用に用いられている。その後、[[2021年]][[3月13日]]のダイヤ改正をもって営業運転を終了した<ref name="press/20210325_KO_40%20VR">{{Cite press release|url=https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20210325_KO_40%20VR.pdf|title=「キハ40-353(優駿浪慢カラー)VR」を公開します!|format=PDF|publisher=北海道旅客鉄道|date=2021-03-25|accessdate=2021-03-28|archiveurl=https://web.archive.org/web/20210325070409/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20210325_KO_40%20VR.pdf|archivedate=2021-03-25}}</ref>。
** 700番台も1両(キハ40-789)配置されていたが、2018年4月30日付で廃車されている。
 
; [[JR北海道キハ150形気動車|キハ150形気動車]] (10両)
* 100番台の10両(101 - 110)が所属しており、室蘭本線([[室蘭本線駅|室蘭]](全線 - 岩見沢間)、[[千歳線]][[石勝線]][[千歳駅 (北海道)|千歳]] - [[夕張駅|新夕張]]間)、[[函館本線]][[岩見沢駅|岩見沢]] - [[滝川駅|滝川]]間)の普通ワンマン列車に使用される<ref name="JRRL 39" />。
** 以前は函館本線の長万部 - [[小樽駅|小樽]]間でも運用されていたが、現在は定期的な運用は無い<ref name="JRRL 39" />。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
 
=== 注釈 ===
{{Reflist|group="注釈"}}
 
=== 出典 ===
{{Reflist}}