「悪魔城ドラキュラ黙示録」の版間の差分

さらに修正
(まだ説明書との一致率が高すぎる、申し訳ないが)
(さらに修正)
:魔女。吸血鬼[[ジル・ド・レ|ジルドレ]]、[[死神]]とともにドラキュラの復活を目論む。
;レノン
:悪魔。人の姿をしており紳士的態度で物腰柔らかく、見た目は[[ジャン・レノ]]似で紳士的態度の。悪魔城別邸内に置かれてい契約書を前に姿を現し、その後も契約書とともに各所で現れる。城に来た冒険者などの人間にアイテム販売の契約をする商人であり、「地獄の沙汰も金次第」という商売優先のビジネスマン気質であるが、契約書には実は恐ろしいことになるかもしれない内容も書かれている。
;チャーリー・ビンセント
:自称「最強のヴァンパイアキラー」を自称する初老の男。有名な吸血鬼研究の第一人者で、様々な吸血鬼関連著書論文なども出している。復活したドラキュラ退治のため、聖水・白木の杭・大小各種の十字架など対吸血鬼道具を全身身に着けて訪れた悪魔城別邸の一室に滞在中に主人公たちと出会う。
;ローゼ
:吸血鬼になってまだ日が浅い人間の美しい女性。信心深く、吸血鬼になってしまった身を嘆いている。悪魔城別邸のバラ園でラインハルト達と出会う。バラの世話をしており、白いバラに水の代わりに血を注いで赤くし、ドラキュラ伯爵に捧げる赤いバラを育てている
 
== ステージ ==
32

回編集