「テンナンショウ属」の版間の差分

編集の要約なし
* [[ウラシマソウ]] (''Arisaema thunbergii'' Blume subsp. ''urashima'' (H.Hara) H.Ohashi et J.Murata)
** 仏炎苞は褐色の舌状の舷部を持ち、葉の下につく。付属体の先が長く糸状に伸びて垂れ下がるため、浦島太郎の釣り竿の連想からこの名を持つ。
* [[スルガテンナンショウ]] (''Arisaema yamatense'' (Nakai) Nakai subsp. ''sugimotoi'' (Nakai) Ohashi et J. Murata) - 英名:Jack in the pulpit
 
<外国種>