「FPS単位系」の版間の差分

m
Botによる: Bot作業依頼 {{Anchor}}の廃止に伴う置換
m (Botによる: Bot作業依頼 {{Anchor}}の廃止に伴う置換)
 
全体的に、FPS単位系の変種は、20世紀中頃までの英語による技術書で最も一般な単位系であった<ref name=cardarelli/>。
 
{{anchorAnchors|Stroud|}}それらの単位で一貫して全ての物理的次元にラベルをつけることによって、誤りを避けることができ、単位系間の変換が楽になる。特にFPS単位系に関しては、これは'''ストラウド・システム'''(Stroud system)と呼ばれている。この名前は、この方式を普及させた[[ウィリアム・ストラウド]](William Stroud)の名前を取ったものである<ref>{{citation |title=The Stroud system of teaching dynamics |last1=Henderson |first1=James B. |last2=Godfrey |first2=C. |journal=The Mathematical Gazette |volume=12 |number=170 |year=1924 |pages=99–105 |jstor=3604647}}.</ref>。
 
{{GravEngAbs|system=English}}
 
{{anchorAnchors|mass|}}
=== ポンドを質量の単位とする単位系 ===
'''絶対FPS単位系'''(absolute FPS system)または'''絶対英国単位系'''(absolute English system)は、ポンドを質量の単位として使用する、[[一貫性 (単位系)|一貫性]]のある単位系である。この単位系は、[[MKS単位系]](メートル・キログラム・秒)を使用している[[国際単位系]](SI)や、初期の[[CGS単位系]](センチメートル・グラム・秒)に類似しており、機能的に等しい。狭義の「FPS単位系」は、この単位系のことを指す。
この単位系において、質量の単位のポンドは単に「ポンド(lb)」と呼ばれるが、[[米国慣用単位]]を使う分野(アメリカの航空宇宙産業など)では、質量の単位であることを明示するために「質量ポンド(pound-mass)」と呼び、記号{{lbm}}を使用することが好まれる。
 
{{anchorAnchors|force|}}
 
=== ポンドを力の単位とする単位系 ===
この単位系において、重量ポンド(pound-force, {{lbf}})は単にポンド(lb)と呼ばれる。
 
{{anchorAnchors|weight|}}
=== ポンドを重さの単位とする単位系 ===
もう1つの変種は、質量ポンドと重量ポンドの両方を使用し、スラグもパウンダルも使用しない。その結果、一貫性のない単位系となっており、電磁気や物質量の単位を持っていない。この単位系は'''英国工学単位系'''(EE: English Engineering Units)と呼ばれ、今日ではイギリスでまれに使用されるのみである<ref name=cr/>。
36,478

回編集