「国定公園」の版間の差分

令和3年3月30日環境省告示第24号による指定
(令和3年3月30日環境省告示第24号による指定)
 
==概要==
[[1950年]]7月の[[琵琶湖国定公園]](7月24日)、佐渡弥彦国定公園(現[[佐渡弥彦米山国定公園]]・7月27日)、[[耶馬日田英彦山国定公園]](7月29日)の3カ所の指定をはじめとし、65カ所の国定公園が指定されてきたが、その後に国立公園に昇格・編入されたものもあるため、現在は5758カ所の国定公園が存在している。最も新しいものは[[20202021年]]3月2730日指定の[[中央アルプス厚岸霧多布昆布森国定公園]]である<ref name="環境省2020032720210330">[http://www.env.go.jp/press/107885109371.html 5758カ所目となる国定公園「中央アルプス厚岸霧多布昆布森国定公園」が誕生します][[環境省]](2020(2021年3月2726日)2020年3月2830日閲覧</ref>。
 
国定公園の中には、国土軸や都心部の自然を保護するために[[東海自然歩道]]設置計画の一環として、便宜上の指定を設けたものがある(例:[[愛知高原国定公園]]、[[揖斐関ヶ原養老国定公園]]、[[大和青垣国定公園]]など)。これらについては複数の[[都道府県立自然公園]]を格上げしたものの集合体もあり、決して国立公園に準じる[[景勝地]]とは言い難い。また大都市近郊の緑地の保全を目的として指定された国定公園も存在する。住民、自治体の運動や意識の差違があるため、指定範囲にばらつきが見られる。例えば[[日本アルプス]]のうち、中央アルプス([[木曽山脈]])だけが基幹産業の[[林業]]に影響を生じることから、2020年に国定公園となるまで、長らく国立公園にも国定公園にも指定されていなかった<ref group="注">北アルプス([[飛騨山脈]])は[[中部山岳国立公園]]、南アルプス([[赤石山脈]])は[[南アルプス国立公園]]となっている</ref>。[[日本三景]]のうち[[松島]]だけが国立公園にも国定公園にも指定されていない<ref group="注">[[厳島|宮島]]は[[瀬戸内海国立公園]]、[[天橋立]]は[[丹後天橋立大江山国定公園]]となっている</ref>。また日本に4カ所ある世界[[自然遺産 (世界遺産)|自然遺産]]のうち、[[白神山地]]だけが国立公園にも国定公園にも指定されていない<ref group="注">[[知床 (世界遺産)|知床]]、[[小笠原諸島の自然|小笠原]]、[[屋久島]]ともに、国立公園になっている</ref>などといった例がある。その他、霧多布湿原([[北海道]])や上毛三山([[妙義山]]のみが妙義荒船佐久高原国定公園に含まれる)など、著名な景勝地や貴重な自然資源であるにもかかわらず、指定範囲外であるものも多数存在する。
!備考
|-
|[[厚岸道立自然公園|厚岸]]霧多布昆布森国定公園]]<!--(暫定)-->
|2021年3月30日
|霧多布湿原、厚岸湾、厚岸湖、原生花園あやめヶ原など
||[[中央アルプス国定公園]]
||[[2020年]][[3月27日]]
||[[木曽山脈]]、[[寝覚ノ床]]、[[田立の滝]]など<ref name="環境省20200327">[http://www.env.go.jp/press/107885.html 57カ所目となる国定公園「中央アルプス国定公園」が誕生します。][[環境省]](2020年3月27日)2020年3月28日閲覧</ref>
|-
||[[天竜奥三河国定公園]]