「針葉樹林」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
*[[クロマツ]]・[[アカマツ]]林は、特殊な条件の場所以外では、[[遷移 (生物学)|遷移]]の途中段階であり、次第に広葉樹林になってゆく。かつては、民家の燃料としてマツの落葉落枝がよく使用され、それによってマツ林が長期にわたって維持されていた。しかし、その後の生活の変化によってマツ林に人手が入らなくなり、そこへ[[マツクイムシ]]による被害が重なり、現在ではあまり見られなくなっている。
 
== 関連項目 ==
*[[タイガ]]
 
 
匿名利用者