「長町-利府線」の版間の差分

→‎形成史: 反転について
m (→‎位置: 誤字)
(→‎形成史: 反転について)
 
== 形成史 ==
長町-利府線は、異なる時期に逆方向で動いたと考えられている。数百年前、日本海拡大していた時期が終わる頃は、引っ張りに対応する正断層として動き、数十年前からは圧縮に対する逆断層になり、現在まで継続的に動いている。同様の反転は東北地方に例が多い<ref>『日本の地形』3(東北)、18 - 19頁。</ref>
 
=== 中新世の活動 ===
27,571

回編集