「中部日本放送」の版間の差分

→‎概要: 文法を修正
(→‎沿革: 表記修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎概要: 文法を修正)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
 
== 概要 ==
[[1951年]][[9月1日]]に、大阪府の新日本放送(現在の[[毎日放送MBSラジオ]])とともに、日本で最初の民間[[ラジオ放送局]]<ref group="注">ただし、元毎日放送社長の[[斎藤守慶]]は、NHKの前身の3つの社団法人こそ民放第一号だという説を唱えている(出典:『放送新時代〜「星の時代」の挑戦〜』)。</ref>として開局。同時にこれまで[[日本放送協会]](NHK)が独占的に放送を行ってきた時代が幕を閉じ、日本の[[民間放送]]の草分け的存在となった放送局である。[[1956年]][[12月1日]]に[[テレビ|テレビジョン放送]]を開始し、[[ラテ兼営|ラジオ・テレビ兼営局]]となった。系列[[新聞|新聞社]]は[[中日新聞社]]で、社名も創立当時の中部日本新聞社に因んだといわれている。
 
[[2013年]][[4月1日]]、ラジオ部門が[[CBCラジオ]]へ、[[2014年]]4月1日、テレビ部門が[[CBCテレビ]]へ分社化され、認定放送持株会社となる。これはキー局以外の、いわゆる地方局では初の試みとされている<ref>[http://hicbc.com/whatscbc/holdings/ 今日を超える明日を創るために](中部日本放送代表取締役社長・[[大石幼一]]あいさつ){{リンク切れ|date=2020年10月}}</ref>。