「Slurm Workload Manager」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (v20.11.5)
m
 
}}
 
'''Slurm Workload Manager'''(旧称:Simple Linux Utility for Resource Management、SLURM)または'''Slurm'''は、[[Linux]]および[[Unix系]]の[[カーネル]]のための[[FLOSS|フリーでオープンソース]]な[[ジョブ管理システム|ジョブスケジューラー]]である。世界中の多くの[[スーパーコンピュータ|スーパーコンピューター]]や[[コンピュータ・クラスター|コンピュータークラスタ]]で使用されている。Slurmは3つの主要な機能を提供している。1番目は、計算を実行するユーザーに対してリソース(コンピューターノード)への排他的・非排他的なアクセスを割り当てる機能である。2番目は、割り当てられたノードの集合上でのジョブの開始、実行、モニタリング([[Message Passing Interface|MPI]]などの並列ジョブでよく使用される)を行う機能である。3番目は、待機中のジョブのキューを管理することで、リソースへの競合を解決する機能である。
 
Slurmは、[[TOP500]]の約60%のスーパーコンピューターでワークロードマネージャーとして使用されている。これには、2016年まで世界最速だった[[天河二号|Tianhe-2]]が含まれる<ref>{{Cite web |url=https://hpcc.usc.edu/support/documentation/slurm/ |title=USC University of Southern California Center for High-Performance Computing|accessdate=2019-03-30}}</ref>。