「張邈」の版間の差分

 
== 生涯 ==
「[[董卓]]伝」の引く『漢末名士録』や『[[後漢書]]』の「党錮伝」によると、漢の八厨の一人であったとある。若い頃から男伊達で気前がよく、困っている者を救うための散財を惜しまなかった<ref>[[党錮の禁]]参照。</ref>。[[曹操]]や[[袁紹]]と親友のように仲が良く<ref>袁紹とは、[[許攸]]・[[何ギョウ|何顒]]・[[伍瓊]]達と共に「奔走の友」と呼ばれる契りを結んだとあり(「袁紹伝」)、曹操とは、互いが死んだ時に家族の面倒を見る事を約束するほどに仲が良かったとある。現に[[193年]]、曹操が徐州討伐に向かったとき、家族に対し「わしに万が一もしものことがあれば、孟卓(張邈)を頼れ」と述べている。</ref>、
頭脳の明晰さと徳行で官界において知られるようになった。また[[三公]]の府から招聘を受け、成績優秀という評価を受けた。[[騎都尉]]を務めた後は、董卓の名士優遇策の一環として、[[陳留郡|陳留]][[太守]]に任命された(「董卓伝」)。