「京 (数)」の版間の差分

m
typo
(+ko:)
m (typo)
当初は、10倍ごとに位取りの名称を定める「下数」が行われていたので、[[一]]・[[十]]・[[百]]・[[千]]・[[万]]・[[億]]・[[兆]]・京で「京」は10<sup>7</sup>となる。後に行われた「上数」では、京は兆(10<sup>16</sup>)の兆倍で10<sup>32</sup>を指した。「中数」の万万進では兆(10<sup>16</sup>)の億倍で10<sup>24</sup>、万進では兆(10<sup>12</sup>)の万倍で10<sup>16</sup>となる。
 
日本では江戸時代に万進に統一されたので10<sup>16</sup>となり、かつて日本統治下にあった台湾・韓国<!-- 北朝鮮も? -->でも10<sup>16</sup>となった。ただし、いれの国でも京まで使われることは稀であり、台湾・韓国では京以上の命数はあまり知られていない。
 
[[中華人民共和国]]では、近代まで万進と万万進が混用されており、京以上の命数についてはどの数を指すのかを確定することができなかった。そこで、10<sup>16</sup>は億の億倍なので「億億(<span lang="zh">亿亿</span>)」とし、以降、億倍ごとに「億億億(<span lang="zh">亿亿亿</span>)」「億億億億(<span lang="zh">亿亿亿亿</span>)」のように呼称している。また、[[メートル法]]が導入される際、[[SI接頭辞|接頭辞]]の[[メガ]](10<sup>6</sup>)に対して下数で10<sup>6</sup>であったことから「兆」の字を宛て、以降、本来の意味とは無関係に[[ギガ]](10<sup>9</sup>)に京、[[テラ]](10<sup>12</sup>)に[[垓]]などと順次割り当てたことがあった。今日では兆以外は音訳(ギガは吉、テラは太)が用いられている。