「ドラキュラ伝説」の版間の差分

編集の要約なし
(ストーリーが説明書そのまま。ノート:悪魔城ドラキュラシリーズの登場人物参照。)
:プレイヤー人数が1つ増える。取りづらい場所や隠し部屋にあることが多い。
 
=== 敵キャラクタストーリ===
舞台は中世ヨーロッパの小国トランシルバニア。
 
その地には魔人伝説があった。それは人々が恐れた吸血鬼ドラキュラの伝説。過去に何度も復活した強力な魔力を持つドラキュラであったがそのたび滅びていった。シモン・ベルモンドとの幾度もの決戦の数々により、世を暗黒に変えようという魔王ドラキュラの野望は打ち砕かれることになる。
 
ドラキュラとシモンとの初対決よりも昔、既にトランシルバニアにドラキュラは存在していた。これはドラキュラ伯爵がまだ魔王ではなく、悪魔を崇拝する邪悪な呪術者であった頃の話。トランシルバニアの片田舎に狂的な悪魔崇拝者ドラキュラ伯爵が築いた暗黒の城で、夜ごと悪魔の儀式が行われていた。不死の命と魔力を持つ魔王になりたいと目論み、悪魔の儀式で異界から魔物達を召喚し、日ごと魔力が強まり凶悪さを増していくドラキュラ伯爵。人々が怯え恐怖する中、後にベルモンド一族の祖先となる男・クリストファーがドラキュラ退治に立った。魔物と罠の巣窟の暗黒の城へと、クリストファーは魔王と化したドラキュラ伯爵との戦いに乗り込んだのであった。
 
=== キャラクター ===
;クリストファー
:主人公。ベルモンド家の先祖である<ref name="den1">本作の説明書より。</ref>。武器の鞭は、二段階にパワーアップし、火の玉を飛ばせるようになる。
;マッドマン
:泥の魔物。頭上から雫状で落下してきて、地面に落ちると人型になる。一直線に歩いて向かってくる。20点。
:ステージ3ボス。大きな翼を持つ翼竜のような魔物。空に舞い上がり急降下して鋭い爪で襲い掛かってくる。200点。
;ドラキュラ伯爵
:最終ボス。魔人伝説として語られる、過去に幾度も蘇った吸血鬼。狂的な悪魔崇拝者であり邪悪な呪術者で、トランシルバニアの外れに暗黒の城を築き、毎夜悪魔の儀式を行う<ref name="den1" />。現れたり消えたり足場を移動しながら4方向に弾を放つ。第二形態が存在し、体力をゼロにすると巨大なコウモリの姿と化し、左右に飛びながらコウモリを3匹放って攻撃してくる。なお、二形態戦になるとタイム表示が消え、時間制限は無くなる。
 
== 音楽 ==
32

回編集