「ニンテンドーネットワーク」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
 
== 概要 ==
[[2011年]][[2月26日]]に発売された[[ニンテンドー3DS]]の発売日からサービスが開始され、[[2012年]]に発売した[[Wii U]]で包含するネットワークプラットフォームとして活用され<ref>{{Cite web|date=2012-01-27|url=http://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/120127/05.html|title=2012年1月27日(金)経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会(5ページ)|publisher=任天堂|accessdate=2012-02-05}}</ref>。
 
2012年1月27日に行われた任天堂の第3四半期決算説明会で初めて正式に発表されたが、それ以前に発売されたニンテンドー3DS用ソフトも、[[インターネット]]または[[いつの間に通信]]に対応していれば遡及的にニンテンドーネットワーク対応ソフトとして扱われている。従って、初の対応タイトルはニンテンドー3DS本体の[[ローンチタイトル]]の8本中4本(『[[nintendogs + cats]]』の3バージョンを別に数えれば計10本中6本)である。
 
2012年2月16日以降に登場した、インターネットまたはいつの間に通信対応タイトルには、パッケージに、「NINTENDO NETWORK」のマークが記載される<ref>{{Cite web|url=http://www.nintendo.co.jp/3ds/support/qa/index.html#qa25|title=ニンテンドー3DS|Q&amp;A|publisher=任天堂|accessdate=2012-02-06}}</ref>。
 
対応ソフトの1つである『[[マリオカート7]]』ではコミュニティという形でも使われておりいる(従来のオンライン対戦の形式にも対応している)2012年[[2月13日]]より『[[いつでもプリクラ☆キラデコプレミアム|とびだすプリクラ☆キラデコレボリューション]]』で初の[[ダウンロードコンテンツ|追加コンテンツ]]の販売が始まり、[[2月16日]]に『[[シアトリズム ファイナルファンタジー]]』でパッケージソフト初の追加コンテンツ販売が開始された。
 
[[Wii U]]では個人アカウントシステムとして「[[ニンテンドーネットワークID]]」を先行導入し、ニンテンドー3DSでも同サービスを[[2013年]][[12月10日]]より導入した(ただし、アカウントは一つしか登録出来ない。<ref group="注">システムバージョン[[ニンテンドー3DS#Ver.7系列|Ver.7.1.0-14J]]より導入。</ref><ref>{{Cite web|title=【3DSシリーズ】1台の本体に複数のニンテンドーネットワークIDを登録できますか?|url=https://support.nintendo.co.jp/app/answers/detail/a_id/32204|website=support.nintendo.co.jp|accessdate=2019-03-13}}</ref>)
 
== 対応ソフト ==
32

回編集