「JR北海道H100形気動車」の版間の差分

→‎配置・運用: 出典追加
(240B:13:8860:4710:8805:4CBA:8495:2C77 (会話) による ID:82784115 の版を取り消し 改善なき再投稿)
タグ: 取り消し
(→‎配置・運用: 出典追加)
| 製造所 = [[川崎重工業]]
| 製造年 = [[2018年]] -
| 運用開始 = [[2020年]][[3月14日]]<ref group="JR" name="jrh/20191213_kaisei" /><ref name="RF web news 20200315">{{Cite news | url=https://railf.jp/news/2020/03/15/201000.html | title=H100形が営業運転を開始 | newspaper=鉄道ニュース(鉄道ファン・railf.jp) | publisher=交友社 | date=2020年3月15日}}<jp_20200315"/ref>
| 運用終了 =
| 運用線区 = [[函館本線]]([[長万部駅]] - [[小樽駅]] - [[札幌駅]]間)<ref group="JR" name="jrh/20191213_kaisei" /><ref name="RF web news 20200315railf.jp_20200315"/>
| 軌間 = 1,067 mm
| 最高速度 = 100 km/h<ref name="RF687_75"/>
 
=== 苗穂運転所 ===
15両が在籍する。[[函館本線]][[小樽駅]] - [[長万部駅]]間(通称:山線)の[[ワンマン運転|ワンマン列車]]全列車と<ref group="注" name=":0">[[JR北海道キハ201系気動車|201系気動車]](ワンマン運転非対応)による列車以外すべて。</ref>、その苗穂運転所からの送り込み列車にあたる札幌駅 - 小樽駅の上り1本<ref group="注" name=":1">[[札幌駅]]発[[然別駅]]行き上り1928D列車。小樽までの区間はワンマン運転を行わない。</ref>で運用される<ref name="jrh/20191213_kaisei" group="JR" /><ref name="RF web news 20200315railf.jp_20200315" />。
 
=== 旭川運転所 ===
12両が在籍する。2021年(令和3年)[[3月13日]]のダイヤ改正より[[宗谷本線]]([[旭川駅]] - [[名寄駅]]間)の快速「[[なよろ (列車)|なよろ]]」・普通列車の大半(37本中34本)を中心に投入されており、このほか[[石北本線]]([[新旭川駅]] - [[上川駅]]間)へもの早朝の上り列車2本(うち1本休日運休)にも投入されている<ref name="jrh/20201209_kaisei" group="JR" /><ref name="jrh/20201218_Daikai" group="JR" /><ref name="railf.jp_20210315"/>。
 
=== 苫小牧運転所 ===
12両が在籍する。2021年(令和3年)[[3月13日]]のダイヤ改正より[[室蘭本線]](長万部駅 - [[苫小牧駅]]・[[東室蘭駅]] - [[室蘭駅]]間)の普通列車へ投入されており、うち長万部駅 - 東室蘭駅間については全普通列車が本形式で運用となる<ref name="jrh/20201209_kaisei" group="JR" /><ref name="jrh/20201218_Daikai" group="JR" /><ref name="railf.jp_20210315"/>。
 
== 車歴表 ==
** 5月10日:同日付プレスリリース内で、「主要プロジェクトの内容」として2019年度から2022年(令和4年)度までの量産車127両{{Refnest|group="注"|量産先行車の製作が発表された2015年時点で、最終的な制作両数は「従来型気動車」(キハ40形)の当時の在籍数「140両よりは下回る予定」とされていた<ref name="jrh/2015/150610-2" group="JR" />。}}の新製について触れる<ref name="jrhokkaido.co.jp/press/20190510Revision" group="JR" />。
** 9月11日:同日付プレスリリースで、2020年度から2021年(令和3年)度にかけて、量産車60両の投入計画を発表<ref name="RF707_64" /><ref name="jrhokkaido/20190911DECMO" group="JR" />。
* 2020年(令和2年)3月14日:同日のダイヤ改正より量産先行車と2019年度増備分の量産車計15両(いずれも苗穂運転所配置)を、[[函館本線]][[小樽駅]] - [[長万部駅]]間(通称:山線)の[[ワンマン運転|ワンマン列車]]全列車<ref name=":0" group="注" />、そのからの送り込み列車にあたる札幌駅 - 小樽駅の上り1本<ref name=":1" group="注" />に投入<ref name="jrh/20191213_kaisei" group="JR" /><ref name="RF web news 20200315railf.jp_20200315" />。
* 2021年(令和3年)3月13日:同日のダイヤ改正より2020年度増備分の量産車30両(旭川運転所・苫小牧運転所配置)を、[[宗谷本線]][[旭川駅]] - [[名寄駅]]間、[[石北本線]][[新旭川駅]] - [[上川駅]]間、[[室蘭本線]]長万部駅 - [[苫小牧駅]]・[[東室蘭駅]] - [[室蘭駅]]間へ投入<ref name="jrh/20201209_kaisei" group="JR" /><ref name="jrh/20201218_Daikai" group="JR" /><ref name="railf.jp_20210315"/>。
 
=== 今後の予定 ===
<ref name="RF711_別冊付録">[[#RF711_付録|『鉄道ファン』通巻711号 別冊付録]]</ref>
<ref name="RF718_172">[[#RF718|『鉄道ファン』通巻718号 p.172]]</ref>
<ref name="railf.jp_20200315">{{Cite news | url=https://railf.jp/news/2020/03/15/201000.html | title=H100形が営業運転を開始 | newspaper=railf.jp | publisher=交友社 | date=2020年3月15日}}</ref>
<ref name="railf.jp_20210315">{{Cite news | url=https://railf.jp/news/2021/03/15/150000.html| title=H100形,旭川・苫小牧地区で営業運転開始 | newspaper=railf.jp | publisher=交友社 | date=2021年3月15日|archiveurl=https://web.archive.org/web/20210403141524/https://railf.jp/news/2021/03/15/150000.html|archivedate=2021-04-03}}</ref>
 
<ref name="mynavi20180406">{{Cite press release|author= |url=https://news.mynavi.jp/article/20180406-h100decmo/|format=|language=日本語|title=JR北海道H100形「DECMO」電気式気動車の新型車両を公開! |work= [[マイナビニュース]]|publisher=[[マイナビ]]|date=2018-04-06|accessdate=2018-12-11|archiveurl=https://web.archive.org/web/20181210152820/https://news.mynavi.jp/article/20180406-h100decmo/|archivedate=2018-12-10}}</ref>
}}