「ヤーミン・マーセイディーズ」の版間の差分

インターナショナルFAのリンクを修正、導入文のプロ入り前後の記述を修正、5安打についてMLB.comの記事を追加、ソース内の赤リンクを修正
(ハミルトン44 (会話) による ID:82806694 の版を取り消し 無言編集で編集の意図が不明な為、とりあえず差し戻します。編集時に"編集内容の要約"に記入をお願いします。Wikipedia:常に要約欄に記入するも参照。)
(インターナショナルFAのリンクを修正、導入文のプロ入り前後の記述を修正、5安打についてMLB.comの記事を追加、ソース内の赤リンクを修正)
|選手写真ファイル名 = YerminMercedes.jpg
|写真サイズ = 280
|写真のコメント = ホワイトソックス時代 (20202021年)
|国籍 = {{DOM}}
|出身地 = 同・[[ラ・ロマーナ (ドミニカ共和国)|ラ・ロマーナ]]
|生年月日 = {{生年月日と年齢|1993|2|14}}
|没年月日 =
|守備位置 = [[捕手]]・[[一塁手]]・[[三塁手]]<ref group="注">2019年マイナーでの守備位置</ref>
|プロ入り年度 = 2011年3月
|ドラフト順位 = [[フリーエージェント (プロスポーツ)|#インターナショナル・フリーエージェFA|イターナショナルFA]]で[[ワシントン・ナショナルズ]]と契約
|初出場 = [[マイナーリーグ|マイナー]] / 2011年5月28日<br/>[[メジャーリーグ・ベースボール|メジャー]] / 2020年8月2日
|最終出場 =
'''ヤーミン・フランシスコ・マーセイディーズ'''('''Yermín Francisco Mercedes''',{{refnest|group=注|{{IPA-es|ɟʝɛɾ.ˈmĩɱ fɾãn.ˈsis.ko mɛɾ.ˈse.ðes}}<ref>{{Cite web |url=https://easypronunciation.com/ja/spanish-phonetic-transcription-converter |title=スペイン語の発音記号変換ツール |publisher=easypronunciation.com |accessdate=2021-04-03}}</ref>,[[:en:Help:IPA/English|英語発音]]: {{ipa|jərˈmɪn frænˈsɪskoʊ mərˈseɪdiz}}<ref>{{Cite web |url=https://tophonetics.com/ja/ |title=英語のIPA発音記号変換(アメリカ英語) |publisher=tophonetics.com |accessdate=2021-04-03}}</ref>}} [[1993年]][[2月14日]] - )は、[[ドミニカ共和国]]出身の[[プロ野球選手]]。[[野球#ポジション|ポジション]]は主に[[捕手]]。右投右打。2021年現在[[メジャーリーグベースボール|MLB]]の[[シカゴ・ホワイトソックス]]に所属。
 
2011年ナショナルズと契約しプロ入り、同年同チーム傘下のマイナーでプロデビュー。に3年間所属したのち、2013年オフに自由契約となり、翌2014年は独立リーグに所属で過ごす。同年オフに[[ボルチモア・オリオールズ|オリオールズ]]とマイナー契約。2019年[[ルール5ドラフト]]で[[シカゴ・ホワイトソックス|ホワイトソックス]]へ移籍し、2020年同チームでメジャーデビュー。
 
== 経歴 ==
=== ナショナルズ傘下時代 ===
2011年3月3日に[[フリーエージェント (プロスポーツ)|#インターナショナル・フリーエージェFA|イターナショナルFA]]で[[ワシントン・ナショナルズ]]と契約を結びプロ入り<ref>{{cite web|url=https://www.baseballamerica.com/stories/yermin-mercedes-is-the-feel-good-story-of-the-40-man-roster-deadline/|title=Yermin Mercedes Is The Feel-Good Story Of The 40-Man Roster Deadline|website=[[Baseball America]]|author=JJ Cooper|date=November 21, 2019|access-date=November 21, 2019}}</ref>。2011年から2013年は[[ワシントン・ナショナルズ#傘下マイナーチーム|ナショナルズ傘下]]の[[マイナーリーグ|マイナーチーム]]である[[マイナーリーグ#階級と所属リーグ|ルーキー級]]{{仮リンク|DSL・ナショナルズ|en|DSL Nationals}}に配属。3年間で123試合に出場し、[[打率]].296・2[[本塁打]]・[[OPS (野球)|OPS]].756を記録。2013年8月24日に[[自由契約]]となった<ref name=bgym>{{cite web|url=https://www.southsidesox.com/2018/8/12/17679252/under-the-radar-yermin-mercedes|title=Under the Radar: Yermin Mercedes|date=August 13, 2018|website=South Side Sox|publisher=[[SB Nation]]|access-date=November 21, 2019}}</ref>
 
{{by|2016年}}も昨年同様デルマーバに配属され、シーズン後半の8月にA+級{{仮リンク|フレデリック・キーズ|en|Frederick Keys}}に昇級した。2チーム合計で122試合に出場し、打率.345・20本塁打・OPS.974を記録した。
 
{{by|2017年}}はそのままA+級フレデリックでシーズンを迎えた。5月にAA級[[ボウイ・ベイソックス]]に昇級したが、12試合出場したのちにA+級フレデリックへ戻された。このシーズンは2チーム合計で110試合に出場し、打率.276・16本塁打・OPS.795を記録<ref name=r5>{{cite web|url=https://theathletic.com/191208/2017/12/21/yermin-mercedes-has-bat-flips-but-does-he-add-real-catching-depth-to-the-white-sox-organization/|title=Yermin Mercedes has bat flips, but does he add real catching depth to the White Sox organization?|website=[[{{仮リンク|The Athletic]]|en|The Athletic}}|author=James Fegan|date=December 21, 2017|access-date=November 21, 2019}}</ref>。
 
=== ホワイトソックス時代 ===
2017年12月14日に[[ルール5ドラフト]]で[[シカゴ・ホワイトソックス]]から指名を受け移籍<ref>{{cite web|url=https://www.mlb.com/press-release/press-release-yermin-mercedes-jonathan-stiever-named-august-september-white-sox-|title=Yermín Mercedes and Jonathan Stiever named August/September White Sox Minor League Players of the Month|website=[[MLB.com]]|date=September 4, 2019|access-date=November 21, 2019}}</ref>。
 
{{by|2018年}}シーズンはA+級{{仮リンク|ウィンストン=セイラム・ダッシュ|en|Winston-Salem Dash}}に配属された。103試合に出場し、打率.289・14本塁打・OPS.840を記録。
 
{{by|2019年}}はAA級[[バーミングハム・バロンズ]]に昇級してシーズンを迎え、6月にAAA級[[シャーロット・ナイツ]]に昇級。このシーズンは2チーム合計で95試合に出場し、打率.317・23本塁打・OPS.968を記録<ref>{{cite web|url=https://www.nbcsports.com/chicago/white-sox/white-sox-move-seven-prospects-40-man-roster-protecting-them-rule-5-draft|title=White Sox move seven prospects to 40-man roster, protecting them from Rule 5 draft|website=[[NBCスポーツ|NBC Sports Chicago]]|author= Vinnie Duber|date=November 20, 2019|access-date=November 21, 2019}}</ref>。オフに[[ロースター (MLB)|40人枠]]に追加された<ref>{{cite web|url=https://chicago.suntimes.com/white-sox/2019/11/20/20974728/chicago-white-sox-roster-zack-burdi-dane-dunning|title=Right-handers Zack Burdi, Dane Dunning among 7 added to White Sox 40-man roster|author=Daryl Van Schouwen|date=November 20, 2019|website=[[Chicago Sun-Times]]|access-date=November 20, 2019}}</ref>
 
{{by|2020年}}は[[COVID-19]]によりマイナーリーグが未開催となり、ホワイトソックスの代替トレーニング場 (Alternate Training Site)に配属。8月1日に[[ロースター (MLB)|アクティブ・ロスター]]に追加され.<ref>{{cite web|url=https://www.cbssports.com/fantasy/baseball/news/white-soxs-yermin-mercedes-called-up-by-white-sox/|title=White Sox's Yermin Mercedes: Called up by White Sox|date=August 1, 2020|website=CBSSports.com|access-date=August 2, 2020}}</ref>、翌2日の[[カンザスシティ・ロイヤルズ|ロイヤルズ]]戦で代打で出場しメジャーデビュー。初打席はセカンドゴロだった。翌3日に代替トレーニング場へ戻され、代打の1打席のみでシーズンを終えた。
 
{{by|2021年}}は開幕の[[ロースター (MLB)|26人枠]]に追加された。開幕2戦目の[[ロサンゼルス・エンジェルス|エンジェルス]]戦で「8番・DH」でメジャー初スタメン入り。1打席目にLAA先発[[アンドリュー・ヒーニー]]からメジャー初[[安打]]を記録すると、2打席目にタイムリーヒットで初打点を記録、3,4打席目もヒットを放ち、5打席目は2点タイムリー二塁打と、5打席全てで安打を記録した。初スタメンで5安打を記録したのは1933年の{{仮リンク|セシル・トラビス|en|Cecil Travis}}以来<ref>{{cite web|author=Daryl Van Schouwen |url=https://chicago.suntimes.com/white-sox/2021/4/3/22365201/yermin-mercedes-goes-5-for-5-in-first-major-league-start-leading-white-sox-to-12-8-win|title=Yermin Mercedes goes 5-for-5 in first major-league start, leading White Sox to 12-8 win|date=April 2, 2021|website=Chicago Sun-Times|access-date=April 3, 2021}}</ref><ref>{{cite web|first=Scott |last=Merkin |url=https://www.mlb.com/news/yermin-mercedes-5-hit-game|title=Yermín goes 5-for-5: 'I just want to cry'|website=MLB.com|date=April 3, 2021|access-date=April 3, 2021}}</ref>。
 
== 脚注 ==