「重田園江」の版間の差分

内部リンク修正
(内部リンク修正)
'''重田 園江'''(おもだ そのえ、[[1968年]][[2月22日]]<ref>『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.308</ref> - )は、[[日本]]の[[政治学者]]。[[明治大学]][[大学院政治経済学研究科・政治経済学部|明治大学政治経済学部]][[教授]]。専門は[[現代思想]]、[[政治思想史]]、[[社会思想|社会思想史]]、[[ミシェル・フーコー]]研究。アナキスト<ref>https://nhkbook-hiraku.com/n/n3c26020f14f8</ref>。
 
== 人物 ==
[[兵庫県]][[西宮市]]生まれ。[[名古屋市立神丘中学校]]、[[愛知県立明和高等学校]]を経て、1990年3月[[早稲田大学]][[政治経済学部]][[政治学科]]卒業。[[藤原保信]]門下。
 
女性初の総合職(幹部候補)として[[日本開発銀行]](現[[日本政策投資銀行]])へ入行。しかしサラリーマン生活は性に合わず1年で退職。
 
浪人を経て、[[東京大学大学院総合文化研究科・教養学部|東京大学大学院総合文化研究科]]相関社会科学専攻博士前期課程修了、学術[[修士(学術)]]。[[東京大学]]大学院総合文化研究科博士後期課程単位取得満期退学。1997年から[[日本学術振興会]][[特別研究員]]、1999年から[[明治大学]][[大学院政治経済学研究科・政治経済学部|明治大学政治経済学部]][[講師 (教育)|専任講師]]、2003年から部[[助教授]]、2007年から[[准教授]]を経て。この間、2005年~2007から2007まで[[イギリス]]・[[ケンブリッジ大学]][[客員研究員]]。現在、明治大学政治経済学部[[教授]]
 
2011年『連帯の哲学Ⅰ』で第28回[[渋沢・クローデル賞]]受賞。
 
== 著書 ==