「イザベラ・オブ・ヴァロワ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
 
| 埋葬日 =
| 埋葬地 = {{FRA1500}}、[[パリ]]、セレスタン修道院
| 結婚 = [[1396年]][[10月31日]]<br>[[1406年]][[6月29日]]
| 結婚 =
| 配偶者1 = [[イングランド王国|イングランド]]王[[リチャード2世 (イングランド王)|リチャード2世]]
| 配偶者2 = [[オルレアン公]][[シャルル・ド・ヴァロワ (オルレアン公)|シャルル・ド・ヴァロワ]]
 
== 生涯 ==
[[13971396年]]、[[百年戦争]]でフランスとイングランドの休戦を結ぶ条件として、76歳のイザベラが最初の王妃[[アン・オブ・ボヘミア]]に先立たれたリチャード2世の王妃となる。しかし[[1399年]]、夫の従弟ヘンリー・ボリングブルック(後の[[ヘンリー4世 (イングランド王)|ヘンリー4世]])がリチャード2世を[[ロンドン塔]]に[[幽閉]]させると、イザベラもまた[[ロンドン]]北西のソニングに幽閉され、夫に会うことを禁じられ、翌[[1400年]]の夫の死すらも知らされなかった<ref name="森">森、P30。</ref><ref>城戸、P63、P81、ロイル、P69 - P70。</ref>。
 
[[1401年]]にヘンリー4世からフランスへの帰国を許されるが、当時は未亡人が故国へ戻る際に返還されるものであった持参金は返還されなかった<ref name="森">森、P30。</ref><ref>ロイル、P99 - P100。</ref>。