「長谷川健太」の版間の差分

加筆、出典範囲タグ、出典代行、記述の移動など
(加筆、出典範囲タグ、出典代行、記述の移動など)
'''長谷川 健太'''(はせがわ けんた、[[1965年]][[9月25日]] - )は、[[日本]]の元[[サッカー選手]]・サッカー指導者・[[スポーツ解説者|サッカー解説者]]。[[静岡県]][[清水市]](現:[[静岡市]][[清水区]])出身。
 
現役時代は[[フォワード (サッカー)|フォワード]]として活躍し、{{要出典範囲|右45度から放つ豪快なキャノンシュートを得意としていた。また、右足から繰り出される正確な[[クロスボール]]は「ケンタリング」とも呼ばれた。|date=2021-04}}
 
== 来歴 ==
小学6年時には[[清水FC]]の一員として[[JFA 全日本U-12サッカー選手権大会|全日本少年サッカー大会]]優勝、[[静岡県立清水東高等学校]]時代は小学生時代からの盟友[[大榎克己]]、[[堀池巧]]と共に[[清水東三羽烏]]として高校サッカーで活躍した。
 
[[筑波大学]]を経て1988年に[[日本サッカーリーグ]]1部の[[日産自動車サッカー部]](現[[横浜F・マリノス]])へ入部。同年からの2年連続三冠(リーグ、[[天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会|天皇杯]]、[[JSLカップ|JSL杯]])に貢献した。1990年、[[アジア競技大会|アジア大会]]終了後の怪我で日産を退部、怪我をしていながらオファーを出した清水への移籍を決断した<ref>{{cite web | url=http://tsukubaway.com/column/sportsperson/452| title=長谷川健太| publisher=tsukubaway| accessdate =3 April 2021}}</ref>
 
1991年に[[日本プロサッカーリーグ|Jリーグ]]設立に際して誕生した地元の[[清水エスパルス]]に入団。1993年、1stステージ第7節の[[ジェフ市原・千葉|ジェフ]]戦でJリーグ初ゴールを挙げたるなど、初年度36試合10ゴールを挙げた<ref name=dj/>。1996年のJリーグカップアメリカ大会へでは準決勝出場をかけた最終予選に日本代表として出場、[[湘南ベルマレ|ベルマーレ]]戦で1ゴール<ref>{{cite web | url=https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=2354| title= 1996Jリーグヤマザキナビスコカップ 準決勝| publisher=data.j-league| accessdate =3 April 2021}}</ref>、決勝悲劇[[ヴェルディ川崎]]を味わった。1996年に戦で清水の初タイト先制ゴーを決めるったど<ref>{{cite web | url=https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=2355| title= 1996Jリーグヤマザキナビスコカップ戦| publisher=data.j-league| accessdate =3 April 2021}}</ref>クラブの初タイトル獲得に貢献した。1999年にはJリーグセカンドステージ優勝に貢献し、この年の天皇杯を最後に現役引退した。Jリーグ通算では207試合に出場47ゴール、Jリーグカップでは41試合12ゴールを挙げた<ref name=dj>{{cite web | url=https://data.j-league.or.jp/SFIX04/?player_id=249| title= 長谷川健太| publisher=data.j-league| accessdate =3 April 2021}}</ref>
 
日本代表としては、1989年の[[サッカーイラン代表|イラン]]戦で代表デビュー<ref name=samurai/>、1990年のアジア競技会以降は代表から遠ざかっていたが、1993年開催のワールドカップアメリカ大会アジア最終予選直前の[[サッカーコートジボワール代表|コートジボワール]]戦で約3年振りに日本代表に復帰、同予選では4試合に出場、[[サッカーイラク代表|イラク]]戦では59分までプレー<ref name=samurai>{{cite web | url=http://samuraiblue.jp/timeline/19931028/| title= FIFAワールドカップアメリカ94 アジア地区最終予選 vsイラク| publisher=samuraiblue| accessdate =3 April 2021}}</ref>、[[ドーハの悲劇]]を経験した。1995年の[[ダイナスティカップ]]、[[サッカー韓国代表|韓国]]戦まで代表でプレー、Aマッチ通算27試合に出場した<ref>{{cite web | url=https://www.asahi.com/articles/ASJ8W0DX3J8VUTQP02B.html| title=長谷川健太| publisher=asahi.com| accessdate =3 April 2021}}</ref><ref>{{cite web | url=http://jfootball-db.com/players_ha/kenta_hasegawa.html| title=長谷川健太| publisher=jfootball| accessdate =3 April 2021}}</ref>。
 
=== 監督時代 ===
 
=== その他 ===
 
* [[1990年]]の[[北京市|北京]]・[[アジア競技大会|アジア大会]]終了後、練習中に右膝を痛めて手術を受けることになり、一から出直すつもりで、日産を退部。清水への移籍を決断した。
 
*私生活では23期日産ミスフェアレディで、現在コメンテーターなどで活躍中の女性と結婚している。