「SUMMER SUSPICION」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (Botによる: {{Normdaten}}を追加)
m
{{Otheruses|楽曲|競走馬|サマーサスピション}}
{{Infobox Single
| Name = SUMMER SUSPICION
| Artist = [[杉山清貴&オメガトライブ]]
| Album = [[AQUA CITY]]
| A-side =
| B-side = 渚のSea-dog
| Released = [[1983年]][[4月21日]]
| Recorded =
| Genre = [[AOR]]
| Length =
| Label = [[バップ]]
| Producer =
| Chart position = **週間9位([[オリコンチャート|オリコン]])<ref name="oricon">[http://ranking.oricon.co.jp/ オリコンランキング情報サービス「you大樹」]</ref>
**1983年度年間39位(オリコン)<ref name="oricon"/>
**1983年年間53位(ザ・ベストテン)<ref name="oricon"/>
**8位([[ザ・トップテン]])
| Certification = *東京音楽祭 TBS
| Last single = -
| This single = '''SUMMER SUSPICION'''<br /> (1983年)
| Next single = [[ASPHALT LADY]]<br /> (1983年)
| Misc = {{External music video|{{YouTube|CyFTrxwviTc|「SUMMER SUSPICION」}}}}
}}
 
 
== 解説 ==
* シングル発売より約1ヶ月前、1983年3月2723日に日本武道館中野サンプラザで行われた[[第12回東京音楽祭]]に出場、本の国内大会で「杉山清貴&オメガトライブ」としてこの楽曲を披露、27日に日本武道館で行われ(TBS世界大会ではTBS受賞した
*TBSテレビで放送されていた『[[アップルシティ500]]』に出演し、この曲のプロモーションを行っていた。
*[[オリコンチャート]]では1983年5月23日付のチャートで100位に初登場、3か月後の8月22日付のチャートでベストテン入りを果たした。
* この曲で[[TBSテレビ]]系『[[ザ・ベストテン]]』(今週のスポットライト・1983年8月4日)、[[日本テレビ]]系列『[[ザ・トップテン]]』(話題曲コーナー・1983年7月11日)にそれぞれ初出演を果たし、その後両番組共前者では8位・10位以内、後者では9位・10位と、ともに2週ずつランクインとなった<ref name="oricon" />。
* [[1983年]][[9月21日]]発売のファーストアルバム『[[AQUA CITY]]』の1曲目に収録されている。
*その後も企画アルバム『[[カマサミコング・DJスペシャル]]』、ベストアルバム『[[SINGLE'S HISTORY]]』に収録された他、杉山清貴のソロアルバム『[[Hula moon sessions]]』、『I AM ME』ではアレンジを替えたセルフカバーバージョンを聴くことができる。
*1985年10月4日~12月24日に行われた解散ライブである『[[FIRST FINALE]]』ツアーでは、セットリストの最後を飾る曲として演奏された。そのライブの模様は[[YouTube]]上にある、所属していたレコード会社「VAP([[バップ]])」のオフィシャルサイトで公開されている。
*ライブバージョンも、1985年上記の解散ツアーを収録した『[[LIVE EMOTION]]』の他、デビュー10周年を記念した杉山のソロライブアルバム『[[I WANNA HOLD YOU AGAIN]]』、同20周年を記念した再結成ライブを収録したDVD『[[FIRAST FINALE2]]』、同35周年を記念した再結成時のライブアルバム『[[The open air live “High & High 2018”Complete]]』などに収録されている他、アマチュア時代のキーボーディスト・[[千住明]]を迎えたコンサートを収録したDVD『Symphonic Concert』ではオーケストラバージョンを聴くことができる。
*「第4回 輝く!日本カセットテープ大賞」受賞。
*Jon Otisのアルバム『Beach Pops for You』やJoey McCoy & Friendsのアルバム『Summer Time Memories』では、英語によるカバーがされている。
*タレントの[[マキタスポーツ]]がこの曲のファンで、中学1年生の時に課外授業の際、移動中のバスでこの曲を合唱したエピソードを、自身が出演する番組「[[ザ・カセットテープ・ミュージック]]」で披露している。その他にも数度にわたりこの曲を番組で取り上げ、2020年末の放送では「第4回 輝く!日本カセットテープ大賞」に選出している。
*
== 収録曲 ==