「オバケイドロ!」の版間の差分

編集の要約なし
== 制作 ==
=== 背景 ===
本作の開発元であるフリースタイルは[[愛知県]]でサーバの構築等を本業としている企業であり、スマートフォン向けタイトルの開発・運営実績はある一方、家庭用ゲーム機向けソフトの開発は本作が初めてであった
 
[[日本一ソフトウェア]]が主催する第1回[[全国エンタメ祭り]]でスマートフォン向けシミュレーションRPGを出展した際、同社の田中克功は遊びに来た人々が楽しそうでないことに気づき、衝撃を受ける。彼らは自分たちの作るものについて考えた末、ユーザーが楽しめる作品を作ることを決意する。
彼らは自分たちの作るものについて考えた末、ユーザーが楽しめる作品を作ることを決意する。
 
=== 開発 ===
諸事情により、本作の開発がスタートしたのは、第2回全国エンタメ祭りが始まる一か月前のことだった<ref name="4Gamer.net20191223">{{Cite web|title=「オバケイドロ!」インタビュー。非対称型追いかけっこは“プレイヤーを楽しませられなかった”体験から,もの作りの原点を見直して生まれた|url=https://www.4gamer.net/games/461/G046181/20191217051/|website=www.4gamer.net|accessdate=2019-12-23|date=2019-12-23|publisher=Aetas}}</ref>。前年の反省からわかりやすいものを作るという方針が立てられ、スマートフォン向けシミュレーションRPGで4人対戦を取り入れた経験があったことから、対戦ゲームを作ることにした<ref name="4Gamer.net20191223"/>。そして、誰もがルールを知っている必要があることからケイドロがルールとして使われた<ref name=automaton />。
 
前年の反省からわかりやすいものを作るという方針が立てられ、スマートフォン向けシミュレーションRPGで4人対戦を取り入れた経験があったことから、対戦ゲームを作ることにした<ref name="4Gamer.net20191223"/>。そして、誰もがルールを知っている必要があることからケイドロがルールとして使われた<ref name=automaton />。
本作では、1対3の非対称型対戦ゲームのルールが使われているが、2対2では開発スタッフがバランスを調整出来なかったため、4人の内の3人に楽しんで貰おうという目的で取り入れたものであり、最初から非対称型対戦ゲームとして開発されたわけではない<ref name=automaton /><ref name="4Gamer.net20191223"/>。
本作のディレクター兼プロデューサーの田中克功はAUTOMATONとのインタビューの中で、「『レイド』というわけではないですが、強い人1人に対して3人で立ち向かうという構図を持たせたかったのもあります。強い人は3人を相手に勝ったら嬉しいし、負けた側も悔しいけど面白かったという形になりやすいんじゃないかなと。」と話している<ref name=automaton />。
32

回編集