「ゲーリー・リネカー」の版間の差分

→‎クラブ経歴: 出典を基に少加筆と訂正、前日付け忘れた出典を付ける
(→‎クラブ経歴: 出典を基に少加筆と訂正、前日付け忘れた出典を付ける)
青果商の息子として生まれ、[[1974年]]に地元のクラブチーム・[[レスター・シティ]]に入団。1984-85シーズンはレスター・シティで24得点で得点王を獲得、1985-86シーズンは[[エヴァートンFC|エヴァートン]]で30得点で得点王を獲得し、[[FWA年間最優秀選手賞]]を受賞した<ref>{{cite news | url =https://sport.bt.com/our-team/presenters/football/gary-lineker-S11364242913916 | publisher =sport.bt.com | title=Gary Lineker| Date= June 24 2016|accessdate =8 April 2020}}</ref>。
 
1986-87シーズン[[FCバルセロナ]]に移籍、1シーズン目はトータルで21ゴール、2シーズン目には20ゴールを挙げていたが<ref name=sd>{{cite web|url=https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=54274 |title= 「オオー! ナゴヤ~!」リネカーが懐しの名古屋時代を回想!ファンの失望を買った名手の本音は?|publisher=サッカーダイジェスト |date=5 April 2021 |accessdate=5 April 2021}}</ref>、3シーズン目には[[ヨハン・クライフ]]が監督を務める[[FCバルセロナ]]移籍、就任すると本来のセンターフォワードではなくウイングとしてプレーした<ref name=sd/><ref>{{cite web|url=https://www.footballchannel.jp/2020/04/25/post371826/ |title=クライフは「偽9番」をどう機能させたのか? バルセロナ、ドリームチームの戦術【ファルソ・ヌエベの系譜(2)】 |publisher=www.footballchannel |date=25 April 2020 |accessdate=25 April 2020}}</ref>。クラブではリーグ戦で103試合出場42ゴールの成績を残した<ref name="J">{{cite news | url =https://www.excite.co.jp/news/article/Soccerking_460658/?p=7 | publisher =excite.co.jp | title= ラウドルップ、ストイコヴィッチ、リュングベリ…ユーロでプレーした歴代外国人Jリーガーを振り返る= | Date= June 24 2016|accessdate =8 April 2020}}</ref>、1986-87シーズン1月31日の[[レアル・マドリード]]戦ではリネカーのハットリックで3-2とクラシコに勝利した<ref>{{cite news | url =https://www.vice.com/en_uk/article/gv4pqq/gary-lineker-at-barcelona-when-leicesters-favourite-son-went-overseas | publisher =vice.com | title=Gary Lineker at Barcelona: When Leicester’s Favourite Son Went Overseas | Date= June 24 2016|accessdate =8 April 2020}}</ref>。1988-89シーズン、[[UEFAカップウィナーズカップ]]では準決勝、[[CSKAソフィア]]戦の1stレグでは1ゴールを決め<ref>{{cite news | url =https://www.transfermarkt.com/fc-barcelona_cska-sofia/index/spielbericht/1100567 | publisher =www.transfermarkt.com | title=FC Barcelona- CSKA Sofia Apr5 1989 Match sheet| Date= June 24 2016|accessdate =8 April 2020}}</ref>、2ndレグでも1ゴールと<ref>{{cite news | url =https://www.transfermarkt.com/spielbericht/index/spielbericht/1100568 | publisher =www.transfermarkt.com | title=CSKA Sofia - FC Barcelona Apr19 1989 Match sheet| Date= June 24 2016|accessdate =8 April 2020}}</ref>決勝進出に貢献、決勝で[[UCサンプドリア|サンプドリア]]を破り優勝を果たした。
 
1989-90シーズンから[[トッテナム・ホットスパーFC|トッテナム]]に移籍、同シーズンは24得点を挙げ、3度目の得点王を獲得、1990-91シーズン、決勝で[[ノッティンガム・フォレストFC|ノッティンガム]]を2-1と破り[[FAカップ]]で優勝した<ref>{{cite web|url=https://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-1386102/1991-FA-Cup-final-Tottenham-v-Nottingham-Forest--now.html |title=1991 FA Cup final: Tottenham v Nottingham Forest - where are they now? |publisher=www.dailymail.co.uk |date=25 April 2020 |accessdate=25 April 2020}}</ref>。1991-92シーズン、得点王のタイトルを逃したが、28ゴールを決めて、[[FWA年間最優秀選手賞]]を受賞した。
 
1992年、[[日本プロサッカーリーグ|Jリーグ]]の[[名古屋グランパスエイト]]に移籍。当時のJリーグ最高年俸(推定3億円)だった<ref name="J"/>。同年のJリーグカップには出場しなかったが、[[SCコリンチャンス・パウリスタ|コリンチャンス]]との親善試合でグランパスの選手として初出場<ref>[[ストライカー (雑誌)|ストライカー]] 1992年10月号 p.13-15</ref>、1993年のJリーグ開幕を前に、トッテナム在籍時のチームメートである[[ポール・ガスコイン]]との対決として注目を集めた<ref>ガスコインは怪我で日本遠征に帯同しなかった</ref>、開幕前のプレシーズンマッチの[[SSラツィオ|ラツィオ]]戦では、決勝ゴールを決め<ref>『中日新聞』1993年5月3日付朝刊12版、16面</ref> 、[[グレミオFBPA|グレミオ]]戦でも2試合連続ゴールと、好調を維持していた。Jリーグ開幕戦は、[[ジーコ]]を擁する[[鹿島アントラーズ]]との対戦ということで、スタープレーヤー同士の対決として大きな注目を集めたが<ref name="Sportiva">{{cite news |title=すべてはジーコから始まった 衝撃のJリーグ開幕戦ハットトリック3 |url=https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2020/04/07/post_17/index_3.php |publisher=sportiva.shueisha|accessdate=26 March 2020|date=7 April 2020}}</ref>、0-5と大敗、リネカーもノーゴールに終わった<ref name="Sportiva"/>。5月26日の[[横浜フリューゲルス]]戦でJリーグ初ゴールを決めたが<ref name="JD">{{cite news | url =https://data.j-league.or.jp/SFIX04/?player_id=289 | publisher =j-league | title=リネカー|accessdate =8 April 2020}}</ref>、怪我の影響で、まともに出場すら出来ず、またジョルジーニョとのプレーもかみ合わず、活かせるプレーヤーが存在しなかったことも影響して<ref> Sports Graphic Number 332 1994年2月3日号 p.42-43 </ref>、リーグ戦においては1年目唯一のゴールとなった<ref name="JD"/>。リーグカップでは、9月10日の[[清水エスパルス]]戦で1ゴール、9月25日の[[横浜F・マリノス|横浜マリノス]]戦で2ゴールを決めた<ref>{{cite news | url =https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=251 | publisher =j-league | title=93Jリーグヤマザキナビスコカップ 第4節|accessdate =8 April 2020}}</ref>。
 
1994年シーズン、リネカーは1stステージをほぼ全休したが、最終節の[[サンフレッチェ広島]]戦で途中出場して復帰した<ref>{{cite news | url =https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=588 | publisher =j-league | title=94Jリーグサントリーシリーズ 第22節|accessdate =8 April 2020}}</ref>。2ndステージから加入の[[ドラガン・ストイコヴィッチ|ストイコヴィッチ]]とのコンビでの活躍が期待された<ref name="J"/>。2ndステージの開幕戦となった[[サンフレッチェ広島]]戦でこそ共に先発出場したが、ストイコヴィッチはイエローカード2枚で退場になるなど<ref name="DJ 94">{{cite news | url =https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=595 | publisher =j-league | title=94JリーグNICOSシリーズ 第1節|accessdate =8 April 2020}}</ref>、初年度はチームに馴染まず14試合の出場に留まり<ref>{{cite news | url =https://data.j-league.or.jp/SFIX04/?player_id=1811 | publisher =j-league | title=ストイコヴィッチ|accessdate =8 April 2020}}</ref>、リネカー自身も怪我の影響で常時出場が出来なかったことで、共にプレーしたのは僅か4試合であった<ref name="DJ 94"/><ref>{{cite news | url =https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=606 | publisher =j-league | title=94JリーグNICOSシリーズ 第3節|accessdate =8 April 2020}}</ref><ref>{{cite news | url =https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=647 | publisher =j-league | title=94JリーグNICOSシリーズ 第10節|accessdate =8 April 2020}}</ref><ref>{{cite news | url =https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=680 | publisher =j-league | title=94JリーグNICOSシリーズ 第16節|accessdate =8 April 2020}}</ref>。8月13日の[[ジュビロ磐田]]戦でシーズン初ゴールを決めて勝利に貢献<ref>{{cite news | url =https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=600 | publisher =j-league | title=94JリーグNICOSシリーズ 第2節|accessdate =8 April 2020}}</ref>、9月3日の[[鹿島アントラーズ]]戦<ref>{{cite news | url =https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=628 | publisher =j-league | title=94JリーグNICOSシリーズ 第7節|accessdate =8 April 2020}}</ref>、9月7日の[[東京ヴェルディ1969|ヴェルディ川崎]]戦と<ref>{{cite news | url =https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=636 | publisher =j-league | title=94JリーグNICOSシリーズ 第8節|accessdate =8 April 2020}}</ref>2戦連続ゴールを決めるも、以降も常時出場が出来ず、シーズン最終戦の[[サンフレッチェ広島]]戦では先発し51分までプレーしたが、ゴールを奪えず<ref>{{cite news | url =https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=720 | publisher =j-league | title=94JリーグNICOSシリーズ 第22節|accessdate =8 April 2020}}</ref>、ヴェルディ戦のゴールが現役生活ラストゴールとなった。同年をもって現役を引退した(リーグ戦通算18試合出場4得点<ref name="J"/>)。