「ジェンナーロ・ガットゥーゾ」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
移籍証明書の発行が遅れ、[[グラスゴー]]に赴いて2カ月間は出場不可であったが、1997-98シーズンからスターティングメンバーに名を列ね、巨躯なスコットランドの選手達に交じり、[[アイブロックス・スタジアム|アイブロックス]]のピッチを駆け回る小柄なイタリア人は「'''ライノー'''(スコットランド人の「リーノ」の発音)」「'''ブレイヴハート'''」と呼ばれファンの心を掴んだ。計36試合に出場し7得点を挙げた。1998-99シーズンの途中に、イタリア復帰を突然表明した。当時セリエAに所属していた[[サレルニターナ・カルチョ1919|サレルニターナ]]が獲得に乗り出し、[[1998年]][[10月]]に移籍した。
 
ガットゥーゾ本人は現在でも「あの国のサッカーが僕の性格やプレースタイルには最も合っている」と明言している<ref name="number647"/>。またレンジャース退団に際して俳優の[[ショーン・コネリー]]から残留する様に懇願されたと後に明かした<ref>{{Cite web|url=https://www.thesun.co.uk/sport/football/13087036/gattuso-sean-connery-quit-rangers-james-bond/|title=Gattuso reveals Sir Sean Connery begged him not to quit Rangers as he pays tribute to ‘charming’ James Bond icon|publisher=The Sun|accessdate=2009.7.11}}</ref>。
 
==== ACミラン時代 ====