「豊清水信号場」の版間の差分

タグ: 差し戻し済み
タグ: 差し戻し済み
 
== 駅構造 ==
島式1面2線のホームを持ち、[[美深駅]] - [[音威子府駅]]間で唯一、列車交換が可能である。線路西側に駅舎があり、冬季は保線要員が常駐する。<!--駅舎は、1981年(昭和56年)から1983年(昭和58年)の間に、現在の駅舎に建て替えられた<ref name=":3" /><ref name=":4" />。--><!--当該出典に記載の図版に撮影年等の記載はなく、有効な出典と判断できない(出版年と改築が一致しない可能性がある)。コメントアウトします-->
 
仮乗降場時代は単式ホーム1面1線であり、駅昇格に伴い木造駅舎と上り側1線スルー式の島式ホーム1面2線、駅舎横の名寄寄りに貨物積卸場と引込み線が設けられた。貨物および荷物取り扱い廃止後も、引込み線は待避線として残されている。