「前田健太」の版間の差分

→‎選手としての特徴: 2020年の投球データのwikitableを追加、左右打席別成績についてと、QS率について追記
m (出典張り替え)
(→‎選手としての特徴: 2020年の投球データのwikitableを追加、左右打席別成績についてと、QS率について追記)
 
== 選手としての特徴 ==
{| class="wikitable floatleft" style="text-align:center;"
|+ 2020年の投球データ<ref>{{Cite web|url=|https://baseballsavant.mlb.com/savant-player/kenta-maeda-628317|title=Kenta Maeda Statcast|accessdate=2021-04-07|website=Baseball Savant}}</ref>
! rowspan="2"| 球種 !! 配分 !! colspan="2" |平均球速
|-
! [[百分率|%]] !! [[マイル毎時|mph]] !! [[キロメートル毎時|km/h]]
|-
! [[スライダー (球種)|スライダー]]
| 39 || 83 || 133
|-
! [[チェンジアップ]]
| 29 || 85 || 136
|-
! [[フォーシーム・ファストボール|フォーシーム]]
| 19 || 92 || 147
|-
! [[シンキング・ファストボール|シンカー]]
| 7 || 91 || 146
|-
! [[カーブボール|カーブ]]
| 3 || 79 || 126
|-
! [[カット・ファスト・ボール|カッター]]
| 3 || 87 || 140
|}
 
[[ファイル:Hiroshima toyo carp 2010 number 18.ogv|thumb|320px|(動画) 広島時代の前田健太]]
ワインドアップの[[スリークォーター]]から平均91.3mph(約146.9km/h)<ref name="FG_type">[http://www.fangraphs.com/statss.aspx?playerid=18498&position=P#pitchtype Pitch Type | FanGraphs Baseball] (9/26/2019)</ref>・最速96mph<ref>{{Cite news|url=http://www.sanspo.com/baseball/news/20170926/mlb17092617350014-n1.html|title=マエケン、6月以来の救援 2失点に「すっきりはしない」|newspaper=サンスポ|date=2017年9月26日 |accessdate=2017年9月26日}}</ref>(約154km/h)の[[速球]]([[速球#フォーシーム・ファストボール|フォーシーム]]・[[速球#ツーシーム・ファストボール|ツーシーム]])、82-83mphの数種類の[[スライダー (球種)|スライダー]]<ref name="yk201008">{{Cite journal|title=まずはストレートを磨くべし!|journal=野球小僧|issue=2010年8月号|publisher=[[白夜書房]]|id=雑誌18801-8|pages=44 - 51}}</ref>、74-75mphの落差のある[[カーブ (球種)#ドロップカーブ|カーブ]]、83-84mphの[[チェンジアップ]]を投げ分ける<ref name="FG_type"/>。プロ入り当初のスライダーは直球と球速差があり、変化も大きかったが、1年目のオフに[[佐々岡真司]]から握りを伝授されると<ref>{{Cite news|url=http://www.sponichi.co.jp/osaka/ser2/200801/26/ser2206823.html |title=広島・前田健“佐々岡スライダー”で開幕ローテへ|newspaper=Sponichi Annex |work = まるごと広島|date=2008年1月26日|accessdate=2010年11月6日}}</ref>、小さな変化で130km/h前後を記録するようになり、変化の大小や緩急、縦横の軌道を使い分けることができるようになったという<ref name="yk201008" />。NPBでの通算与四球率1.90と抜群の制球力も武器とする<ref>{{Cite news|url=http://www.foxsports.com/mlb/story/los-angeles-dodgers-pitcher-kenta-maeda-scouting-report-japan-010116 |title=What's the scouting report on new Dodgers pitcher Kenta Maeda?|publisher=Fox Sports|date=2016年1月1日|accessdate=2016年1月26日}}</ref>。
高校時代よりエースとして頭角をあらわす。高校の先輩に当たる[[桑田真澄]]と似通っており、「桑田二世」と呼ばれる<ref>{{Cite news|author=田口真一郎|url=http://osaka.nikkansports.com/obb/p-ot-tp2-060109-0001.html |title=PLの桑田2世、150キロ出して本家超え宣言|work=なにわWEB|date=2006年1月9日|accessdate=2010年11月6日 |archiveurl = https://web.archive.org/web/20060111065127/http://osaka.nikkansports.com/obb/p-ot-tp2-060109-0001.html |archivedate = 2006-01-11}}</ref>。
 
2016年から2020年のメジャー通算で、右打者への[[DIPS (野球)#xFIP|xFIP]]が2.95であるのに対し、左打者へのxFIPは4.45と相対的に値が悪い<ref name="FanGraphs">[http://www.fangraphs.com/statsplits.aspx?playerid=18498&position=P FanGraphs - Splits 2021年4月7日閲覧]</ref>。また、打者一巡目と二巡目のxFIPがそれぞれ3.61, 3.42であるのに対し、三巡目は4.53と相対的に悪く<ref name="FanGraphs"/>、課題とされている<ref>{{cite web |date=2017-04-12 |url=https://www.baseballchannel.jp/mlb/30846/ |title=【MLB】前田「打者三巡目以降の投球が課題」と米紙指摘。課題を克服し、6回以上を投げ切れるか |website=ベースボールチャンネル |accessdate=2021-04-07}}</ref>。同期間の[[クオリティ・スタート|クオリティ・スタート率]]は27%となっている<ref name="FanGraphs"/>。
2016年のランナーなし時の被[[wOBA (野球)|wOBA]]は.251だったのに対し、ランナーあり時の被wOBAは.338と、ランナーがいる場面で比較的打たれることが多かった。また、2016年の対右被wOBAは.253だったのに対し、対左被wOBAは.313と、比較的左打者を苦手としている<ref>[http://www.fangraphs.com/statsplits.aspx?playerid=18498&position=P&season=2016 FanGraphs - Splits]</ref>。
 
[[File:20110419 Kenta Maeda, pitcher of the Hiroshima Toyo Carp, at Yokohama Stadium.JPG|250px|right|thumb|広島時代の投球フォーム(2011年4月19日、[[横浜スタジアム]]にて)]]