「ミラクルフルーツ」の版間の差分

英語版文章中のCarbohydrateを「炭化水素」と誤訳されていたため、「糖鎖」に修正。リンク設定。
(出典追加。)
(英語版文章中のCarbohydrateを「炭化水素」と誤訳されていたため、「糖鎖」に修正。リンク設定。)
 
ミラクルフルーツの木は[[常緑樹]]で、[[コーヒー豆]]ほどの大きさの小さな赤い[[果実]]を実らせる。木は現地では6m以上にもなるが、他所で[[栽培]]されたものは多くの場合1.5mにも満たない。[[花]]は白く、何ヶ月もの期間にわたり[[開花]]している。果実は年に2回、[[雨季]]の後に収穫可能である。
 
ミラクルフルーツの実自体は甘くないが、数本の[[炭化水素糖鎖]]を持つ特殊な[[糖タンパク質]]である[[ミラクリン]]を含んでいる。この実を食べる(その際、[[果肉]]を舌にこすりつける様にするとよい)と、ミラクリン分子が[[舌]]の[[味蕾]]に結合し、次に食べた[[苦味]]や[[酸味]]のある食べ物([[レモン]]や[[ライム]]など)および薬剤を甘く感じさせる。この効果は30分から2時間程度持続する。ミラクリン自体は[[甘味料]]ではなく、感じる甘味は後続の食べ物に左右される。
 
== 栽培・その他 ==
匿名利用者