「玉龍寺」の版間の差分

編集の要約なし
m
 
伝説によると諸国を行脚していた[[行基]]が当地に[[薬師如来]]を奉安して'''醫王山東光寺'''として開いたとされる。その後、[[正治]]年間に鎌倉鷹野にあった[[円仁|慈覚大師]]作の観音像が[[鷹]]によって寺に運ばれてくるという奇瑞があった。この際に寺号を'''観宝山金剛寺'''に改称している。鷹に乗った観音像は現在でも当寺の観宝院という堂にあり、鷹飛来観音と呼ばれて益田西国三十三霊場の札所の本尊となっている。[[室町時代]]に[[景堂玄訥]]が玉龍寺の住持となり、臨済宗妙心寺派の寺院に改めている。天正14年([[1586年]])に住持の[[瑞岩元栄]]が飛騨国主となった[[金森長近]]に再興を訴えて認められ、寺領を与えられる。金森長近没後、その法名に因んで要仲山玉龍寺と改めた。[[宝暦]]9年([[1759年]])、火災により焼失している。現在の伽藍は宝暦11年([[1761年]])に再建されたものである。
 
寺内には[[飛騨高山藩]]主三代の[[遺骨]]が[[分骨]]されて墓が設けられているほか、[[江戸時代]]初期に[[徳川家康]]に[[清洲越し]]を提言した[[尾張藩]]士[[山下氏勝]]の子である[[山下氏政]]<ref>氏政は尾張藩初代藩主[[徳川義直]]とは[[従兄弟]]の関係であり、妻は飛騨高山藩主[[金森可重]]の長男[[金森重近]](宗和)の娘である。</ref>が故あってこの下原の地に道安(どうあん)と号して[[隠棲]]した。氏政は飛騨高山藩主金森氏が[[街道]]を往来の際に利用していた下原旅館(下原[[陣屋]])<ref>現在の[[下呂市立下原小学校]]の敷地に存在した。</ref>の館主となったことから、玉龍寺にも関連の品が存在する。また、下原郷16ヶ村の大[[名主]]で飛騨五大老の一人に数えられた[[加藤三郎右衛門]]の次男で幕末に[[万延元年遣米使節]]の随行員となり飛騨出身者として初めて世界一周を果たした[[加藤素毛]]の墓などがある。
 
== 文化財 ==
=== 岐阜県指定文化財 ===
* 木造釈迦如来坐像
 
=== 下呂市指定文化財 ===
* 龍杖図