「西郷隆盛」の版間の差分

編集の要約なし
m (月照との入水の項目に阪口周右エ衛門を追加)
安政5年7月27日(1858年9月4日)、京都で斉彬の訃報を聞き、[[殉死]]しようとしたが、月照らに説得されて斉彬の遺志を継ぐことを決意した。8月、近衛家から託された[[孝明天皇]]の内勅を水戸藩・[[尾張藩]]に渡すため江戸に赴いたが、できずに京都へ帰った。以後9月中旬頃まで諸藩の有志および[[有馬新七]]・有村俊斎・伊地知正治らと大老・井伊直弼を排斥し、それによって幕政の改革をしようと謀った。しかし、9月9日に梅田雲浜が捕縛され、尊攘派に危機が迫ったので、近衛家から保護を依頼された月照を伴って伏見へ脱出し、伏見からは有村俊斎らに月照を託し、大坂を経て鹿児島へ送らせた。
 
9月16日、再び上京して諸志士らと挙兵を図ったが、捕吏の追及が厳しいため、9月24日に大坂を出航し、下関経由で10月6日に鹿児島へ帰った。捕吏の目を誤魔化すために藩命で西郷三助と改名させられた。11月、[[平野国臣]]に伴われて月照が鹿児島に来たが、幕府の追及を恐れた藩当局は月照らを東目([[日向国]])へ追放すること(これは道中での斬り捨てを意味していた)に決定した。月照・平野、付き添いの足軽<nowiki>[[阪口周右衛門]]</nowiki>らとともに乗船したが、前途を悲観して、16日夜半、竜ヶ水沖で月照とともに[[入水]]した。すぐに平野らが救助したが、月照は死亡し、西郷は運良く蘇生し同志の税所喜三左衛門がその看病にあたったが、回復に一ヶ月近くかかった。藩当局は死んだものとして扱い、幕府の捕吏に西郷と月照の墓を見せたので、捕吏は月照の下僕・重助を連れて引き上げた。
 
12月、藩当局は、幕府の目から隠すために西郷の職を免じ、[[奄美大島]]に潜居させることにした。12月末日、菊池源吾<ref group="注釈">肥後国の[[菊池氏]]を祖としていたので、「吾が源は菊池なり」という意で付けたと云われる。</ref>と変名して、鹿児島から山川郷へ出航した。安政6年1月4日([[1859年]]2月6日)、伊地知正治・大久保利通・[[伊地知貞馨|堀仲左衛門]](次郎)等に後事を託して[[山川港]]を出航し、七島灘を乗り切り、名瀬を経て、1月12日に潜居地の奄美大島龍郷村阿丹崎に着いた。