「マカサル文字」の版間の差分

画像追加
(→‎外部リンク: 世界の文字はマカッサル文字の説明であり、マカサル文字でない)
(画像追加)
 
}}
[[File:Lontara script.jpg|thumb|320px|左がマカサル文字、中央がロンタラ文字、右はビラン・ビラン文字]]
[[File:Makassar Script alphabet.png|thumb|上から[[ジャウィ文字]]、ロンタラ文字、ラテン文字、マカサル文字、ビラン・ビラン文字でMangkasara'([[マカッサル]])と書いた例]]
'''マカサル文字'''あるいは'''古マカッサル文字'''([[マカッサル語]]: ukiri' jangang-jangang「鳥の文字」)は、[[インドネシア]]の[[スラウェシ島]]南部([[南スラウェシ州]])で話される[[マカッサル語]]のためにかつて使われていた[[ブラーフミー系文字]]。左から右に書かれる[[アブギダ]]である。