「アローバ」の版間の差分

(→‎質量の単位: 出典追加)
 
 
== 質量の単位 ==
質量の単位としての本来の定義は、4分の1[[キンタル]]、すなわち25[[リーブラ]]である。スペインでは地域によって異なる値のアローバが用いられた。例えば、[[カスティーリャ]]では11.502[[キログラム]]、[[アラゴン州]]では12.5キログラム<ref>{{citation|url=https://dle.rae.es/arroba|chapter=arroba|tutletitle=Diccionario de la lengua española|year=2014}}</ref>、[[カタルーニャ]]では約10.4キログラムである。[[スペイン]]では[[1849年]]以降[[メートル法]]を採用しているため、現在のアローバは公式の単位ではない。しかし、特に農産物の計量には現在でも使用されている。[[バレンシア (スペイン)|バレンシア]]では[[オレンジ]]の計量に用いられており、その値は約13キログラムである。
 
[[ポルトガル]]および[[ブラジル]]では1キンタルは128アラテル{{enlink|arrátel}}であり、1アローバ = 4分の1キンタル = 32アラテル、すなわち約14.7キログラムだった<ref>{{citation|url=https://www.ancruzeiros.pt/ancdrp/unidades-de-medida|title=Unidades de Medida|publisher=Associação Nacional de Cruzeiros}}</ref>。現在では15キログラムに丸めて用いられる<ref>{{citation|url=https://ciberduvidas.iscte-iul.pt/consultorio/perguntas/arroba/3042|title=Arroba|publisher=Ciberdúvidas da Língua Portuguesa}}</ref>。