「タバコ」の版間の差分

(→‎名称・語源: 無出典の説が出典と矛盾、要出典範囲)
 
日本語のタバコの直接の語源は[[スペイン語]]や[[ポルトガル語]]の「{{lang|pt|tabaco}}」である。「NOVO DICIONARIO DA LINGUA PORTUGUESA」によると[[タイノ族]]のtabacoに由来する語で、インディオのY字型の喫煙具のことを意味した<ref>[http://rp-kumakendai.pu-kumamoto.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/1861/1/5310_baba_120%281%29_111%2810%29.pdf 馬場 良二「ポルトガル語からの外来語」] 熊本県立大学、2020年12月29日閲覧。</ref>。
 
スペイン語の"tabaco"自体の由来についてははっきりしない<ref>『日本国語大辞典』第2版「たばこ」の語誌に載せられた諸説を参照</ref>。伝統的に行われている説としては、[[カリブ海]]で話されていた[[アラワク語族]]の言語の一種(おそらく[[タイノ語]])でタバコの葉またはパイプを意味する語を借用したというものがあるが、tabacoの語は[[大航海時代]]以前の1410年ころからすでにスペインやイタリアで使われており、[[アラビア語]]で一種の薬草を意味した{{unicode|ṭabbāq}}または{{unicode|ṭubbāq}}に由来するともいう<ref>{{citation|chapter=tobacco|title=Chambers Dictionary of Etymology|year=1988|editor=Robert K. Barnhart|publisher=Chambers|isbn=0550142304|pages=1146-1147}}</ref>。
{{要出典範囲|スペイン語の"tabaco"は、古い[[アラビア語]]で薬草の一種を示す"tabaq"という言葉が語源で、|date=2020年12月}}この単語が[[フランス語]]では"tabac"、[[ドイツ語]]では"Tabak"、[[英語]]では"tobacco"となったとする説もある。
 
{{要出典範囲|スペイン語の"tabaco"は、古い[[アラビア語]]で薬草の一種を示す"tabaq"という言葉が語源で、|date=2020年12月}}この単語が[[フランス語]]では"tabac"、[[ドイツ語]]では"Tabak"、[[英語]]では"tobacco"となったとする説もある
 
日本ではポルトガル語の音に近い「タバコ」として広まった。[[漢字]]の[[当て字]]としては「多巴古」、「佗波古」、「多葉粉」、「莨」、「淡婆姑」などが用いられる事があるが、「煙草」と書かれる事が最も多い。[[中国語]]では「香煙」と呼ぶ。なお、山口県の一部地域には「煙草谷」(たばこたに)という姓がある。