「行方郡 (福島県)」の版間の差分

m
(「嶋□郷」。郡の成立について加筆)
行方郡と同名の[[行方郡 (茨城県)|行方郡]]が常陸国にあり、後述の『和名類聚抄』中の多珂郷は常陸国の多珂郡([[多賀郡]])と同じ名である。在地の国造ではなく、常陸国から来た移民を中心にして郡が建てられたのであろう<ref>平川南『東北「海道」の古代史』124頁。</ref>。
 
古代の[[郡衙]]の場所は[[新田川 (福島県)|新田川]]の河口付近、現在の[[南相馬市]][[原町市|原町区]]泉にある[[泉官衙遺跡]]と推定されている<ref>平川南『東北「海道」の古代史』、125頁。藤木「南相馬に躍動する古代の郡役所」7頁。</ref>。位置は不明だが[[行方団]]という[[軍団 (古代日本)|軍団]]も置かれていた。
 
平安時代の『[[和名類聚抄]]』による読みは「なめかた<ref>仮名表記で「奈女加多」。</ref>」で、吉名・大江・多珂・子鶴・真欨・真野の6郷があった。「嶋□郷」(□は判読不能な文字)と書かれた8世紀の[[木簡]]が、泉官衙遺跡から出土しており、奈良時代にはもう一つの郷があったらしい<ref>藤木「南相馬に躍動する古代の郡役所」、43頁。</ref>。
27,571

回編集