「後背位」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: 差し戻し済み
タグ: 差し戻し済み
ほとんどの[[哺乳類]]もこうした体位で性交をする{{要出典|date=2015年8月29日 (土) 14:01 (UTC)}}。[[Durex]]社が全世界の15万人を対象に調査した統計「Durex global sex survey」(2003年)によるとこの体位を好む人の割合は、[[フランス]]37%(1位)、[[台湾]]31%(2位)、[[米国]]30%(2位)、[[英国]]28%(2位)である。なお同調査に日本でのデータは含まれない<ref>{{Cite web|url=https://www.durex.com/en-jp/sexualwellbeingsurvey/documents/2003_global_report_phase_1.pdf|title=durex global sex survey 2003|format=PDF|publisher=[[Durex]]|accessdate=2015-01-17|deadlinkdate=2017年10月|quote=PDFファイルの5ページ目にリストが掲載されている。|archiveurl=https://web.archive.org/web/20101207133723/http://www.durex.com/en-JP/SexualWellbeingSurvey/Documents/2003_Global_report_phase_1.pdf|archivedate=2010年12月7日}}</ref>。
 
「寝バック(ねばっく)」は、通常の後背位から移行する(女性が両膝を曲げ男性の尻をおさえることで密着感がます)。男性が挿入したまま、女性の腰を持ちながら、上体を前傾させ、片手をつきながら両脚を女性の両脚の外に出し、前に移動し、さらに前傾し、耳や首などを口などで愛撫しつつ腰を動かす。男性の両脚が女性の膝を曲げた両脚の内側にはいるパターンでは、男性は膝を曲げればより安定を得、伸ばせばより深い挿入感を得られる。
 
「ロールスロイス」は、男性が両脚を女性の両脚の外に出し、女性が男性に支えられつつ上体を起こし、男性が女性の両腕を持ったまま、自分は後傾したまま腰を動かす。
== 各言語や書物での呼称 ==
{{出典の明記|section=1|date=2015年8月29日 (土) 14:01 (UTC)}}
匿名利用者