「織田信昌」の版間の差分

編集の要約なし
'''織田 信昌'''(おだ のぶまさ、[[1625年]]([[寛永]]2年) - [[1650年]][[8月6日]]([[慶安]]3年[[7月9日 (旧暦)|7月9日]]))は、[[上野]][[小幡藩]]の第2代藩主。初代藩主・[[織田信良]]の次男。幼名は百介。官位は従四位下因幡守、兵部大輔。
 
[[1626年]]7月、父の死により家督を継ぐ。わずか2歳の幼児だったため、叔父の[[織田高長]]が後見人となって政務を担当した。1631年2月15日将軍[[徳川家光]]に御目見する。このとき家臣三人も同伴する。これは家格の高さを示す優遇措置である。1639年12月晦日従五位下因幡守に叙任する。後に従四位下に昇進する。陣屋の建築や領内の検地を実施し、藩政の基礎を固めた。また、幕府から館林城の警備などを命じられた。1650年7月9日、26歳の若さで死去し、後を養子[[織田信久]]が継いだ
 
1643年7月7日幕府から[[館林城]]の守備を命じられた。1645年6月10日初めて領地に赴任する許可を得る。陣屋を小幡村に移築、さらに領内の検地を実施するなど、藩政の基礎を固めた。1647年5月22日幕府から[[下館城]]の守備を命じられた。1650年7月9日、26歳の若さで死去し、後を養子[[織田信久]]が継いだ。
正室は[[小笠原政信]]の長女。1女あり。
 
正室は[[小笠原政信]]の長女。信昌の死後、離籍し、[[中院通茂]]と再婚した。1女あり。
 
<center>
匿名利用者