「歩兵第4連隊」の版間の差分

創設時の歴史に加筆
(創設時の歴史に加筆)
|画像 =[[File:Sendai City Museum of History and Folklore 20090910.JPG|250px]]
|画像説明 =歩兵第4連隊旧兵舎。現在は[[仙台市歴史民俗資料館]]となっている。
|創設 = [[18711875年]]
|廃止 = [[1945年]]
|再編成 =
|担当地域 =
|最終位置 = [[フランス領インドシナ|仏印]] [[サイゴン]]
|主な戦歴 = [[西南戦争|西南]] - [[日清戦争|日清]] - [[日露戦争|日露]] - [[満州事変]] - [[日中戦争|日中]] - [[第二次世界大戦]]
|特記事項 =
}}
[[File:Sendai map circa 1930.PNG|thumb|right|300px|[[1927年]]([[昭和]]2年)頃の[[仙台市|仙臺市]]および近郊[[地図]]。地図の中央右の30番が步兵第四聯4連で、現在は[[榴岡公園]]。[[第2師団 (日本軍)|第2師]]司令部は地図の中央左の[[仙台城]]二の丸にあり、周辺含めて[[日本]]の施設が集中した。]]
 
'''歩兵第4連隊'''(ほへいだい4れんたい、旧字で''步兵第四聯隊'')は、[[大日本帝国陸軍]]の[[連隊]]のひとつで、1875年から1945年まであった現在の[[宮城県]][[仙台市]]の榴岡に営所を置いた。現在の[[宮城野区]][[榴岡公園]]に置かれていたである
 
== 歴史 ==
兵舎は終戦後に進駐軍が利用し、その後[[東北管区警察学校]]となっていたが、榴岡公園の整備計画に合わせ1棟を外観を復元して現在の場所に移築した。建物は[[仙台市歴史民俗資料館]]として公開されている。また宮城県内に現存する最古の[[擬洋風建築]]であり、仙台市の指定文化財となっている。
{{節スタブ}}
=== 連隊の発足 ===
仙台城には[[1871年]](明治4年)から[[東北鎮台]]が置かれていた。これが[[1873年]](明治6年)に全国6鎮台の一つとしての[[仙台鎮台]]に改組したとき、従来の2番大隊(8個小隊)にかえて、歩兵連隊を置くことになった。[[1874年]](明治7年)に榴ヶ岡に歩兵営が建てられ、仙台城から2番大隊が移転した。続いて[[1875年]](明治8年)に歩兵第4連隊が発足した<ref>加藤宏「第二師団と仙台」、17 - 18頁。</ref>。鎮台司令部が仙台城、連隊が榴ヶ岡、と場所を分けたのは、仙台城の地形に理由がある。仙台城は前を[[広瀬川]]、背後を山に拠る要害だが、川の氾濫時に交通途絶し、部隊が出動できなくなるおそれがあった。そのため、川を隔てて街道に近い榴ヶ岡に連隊を置いたのである<ref>加藤宏「第二師団と仙台」、18 - 20頁。松下孝昭『軍隊を誘致せよ』、27頁。</ref>。
 
=== 沿革復員とその後 ===
第2次世界大戦の後、陸軍の解体にともなって復員(解散)した。兵舎は終戦後に進駐軍が利用し、その後[[東北管区警察学校]]となっていたが、榴岡公園の整備計画に合わせ1棟を外観を復元して現在の場所に移築した。建物は[[仙台市歴史民俗資料館]]として公開されている。また宮城県内に現存する最古の[[擬洋風建築]]であり、仙台市の指定文化財となっている。
* [[1875年]](明治8年)[[9月9日]] - 第2連隊第2[[大隊]]と第20大隊を基幹に改編、軍旗拝受
 
== 年表 ==
* [[1875年]](明治8年)[[9月9日]] - 第2連隊第2[[大隊]]と第20二番大隊を基幹にから編、組。軍旗拝受
* [[1877年]](明治10年) - [[西南戦争]]に従軍
* [[1894年]](明治27年) - [[日清戦争]]に従軍
{{Reflist}}
== 参考文献 ==
*『[[官報]]』
* 『日本陸軍連隊総覧 歩兵編(別冊歴史読本)』([[新人物往来社]]、1990年)
* 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
* 原 剛『明治期国土防衛史』([[錦正社]]、2002年)
* 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
* [[秦郁彦]]編『日本陸海軍総合事典』第2版、[[東京大学出版会]]、2005年。
* 原 剛『明治期国土防衛史』([[錦正社]]、2002年)
* 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
* 松下孝昭『軍隊を誘致せよ 陸海軍と都市形成』、吉川弘文館、2013年。
*『[[官報]]』
 
== 関連項目 ==
27,571

回編集