「名古屋テレビ制作日曜朝7時枠のアニメ」の版間の差分

編集の要約なし
|6||[[かいけつゾロリ]]||2004年2月1日 - 2005年2月6日||全52話||※[[アンバーフィルムワークス]]・[[亜細亜堂]]制作<br />同番組より『'''かいけつゾロリシリーズ'''』。
|-
|7||[[まじめにふまじめ かいけつゾロリ]]||2005年2月13日 - 2007年1月28日||全97話||※サンライズ・亜細亜堂制作<br />本枠における及びテレビ朝日系列における『'''かいけつゾロリシリーズ'''』最終作。次シリーズ『[[もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ]]』は[[NHK Eテレ]]で放送された。
|-
|8||[[古代王者 恐竜キング Dキッズ・アドベンチャー]]||2007年2月4日 - 2008年1月27日||全49話||同番組より『'''恐竜キングシリーズ'''』。<br />同番組より[[ハイビジョン]]制作移行した(アナログ放送では4:3のサイドカットとなる)。<br />提供クレジットでの言い回しも「この番組は…」から「○○××(アニメの作品名)は…」に変更された。<br />また第47話「大恐竜出現!」で名古屋テレビ制作全国ネットアニメ放送通算1,500回を達成。<br />また、広告代理店は前番組までは東急エージェンシーだったが、この作品以降はアサツー ディ・ケイが担当するようになった。
|-
|9||[[古代王者 恐竜キング Dキッズ・アドベンチャー|古代王者 恐竜キング Dキッズ・アドベンチャー<br />翼竜伝説]]||2008年2月3日 - 8月31日||全30話||本枠における『'''恐竜キングシリーズ'''』最終作。<br />第11話「三蔵VSマブザウルス」で本枠通算500回を達成。<br />前作を含めて全79話となり、史上初となる本枠最長となっていた。
|-
|10||[[バトルスピリッツ 少年突破バシン]]||2008年9月7日 - 2009年9月6日||全50話||※[[東映アニメーション]]制作協力<br />同番組より『'''[[バトルスピリッツ#アニメ作品|バトルスピリッツ]]シリーズ'''』。
|18||[[機動戦士ガンダムUC#テレビシリーズ|機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096]]||2016年4月3日 - 9月11日||全22話||本枠では初となった『機動戦士ガンダムUC』の地上波放送。制作クレジットは活字表記で、広告代理店も参加せず。
|-
|19||[[ヘボット!]]||2016年9月18日 - 2017年9月24日 ||全50話||バンダイナムコピクチャーズ・HEYBOT! PROJECT制作<br />本枠及び現時点で、メ〜テレ単独制作の全国ネットアニメでは、史実上での最終作となった。
|}
 
匿名利用者