「朝日放送テレビ制作日曜朝8時30分枠のアニメ」の版間の差分

rv.(蛇足)
タグ: 差し戻し済み
(rv.(蛇足))
タグ: 手動差し戻し
!colspan="5"|[[1980年代]]
|-
| 1 || [[とんがり帽子のメモル]]<br /> (第29話以降)|| nowrap="nowrap" |1984年10月7日 - 1985年3月3日|| 22話<br />(全50話) ||本枠におけるアニメ作品第1作。<br />番組自体は1984年3月3日より毎週土曜19:00 - 19:30に放送されていたが、改編により伴い本枠に移動したため、この作品では初となった。<br />本枠での放送は第29話から第50話までの22話分である。
|-
| 2 || [[はーいステップジュン#アニメ版|はーいステップジュン]] || 1985年3月10日 - 1986年1月12日|| 全45話 ||漫画原作によるアニメ作品は本枠が初。
|-
| 3 || [[メイプルタウン物語]] || 1986年1月19日 - 1987年1月11日|| 全52話 ||同作品より'''メイプルタウン物語シリーズ'''。
|-
| 4 || [[新メイプルタウン物語 パームタウン編|新メイプルタウン物語<br />パームタウン編]] || 1987年1月18日 - 12月27日|| 全50話{{efn|番組後半のエピソードを前後編統一した場合は全44話。}} ||本枠における最後のメイプルタウン物語シリーズ最終作。<br />1987年10月11日放送分(第39話)以降は『新メイプルタウン物語とビックリマン』の前半15分{{efn|name="repeat"|後年再放送の場合は30分番組で放送できるように『新メイプルタウン物語とビックリマン』時代の3ヶ月間はAパートにメインタイトル、Bパートに「続・○○」というタイトルになっていた。}}。
|-
| 5 || [[ビックリマン (アニメ)|ビックリマン]] || 1987年10月11日 - 1989年4月2日|| 全75話{{efn|番組前半のエピソードを前後編統一した場合は全69話。}} ||同作品より'''[[ビックリマン#アニメ|ビックリマン]]シリーズ'''。<br />1987年12月27日放送分(12話)までは『新メイプルタウン物語とビックリマン』の後半15分で{{efn|name="repeat"}}、『メイプルタウン物語』の終了後、1988年1月10日放送分(13話)から単独30分番組になる。<br />1988年12月28日放送分(63話『ヤマト爆神!誕生』)のみゴールデン帯(19:30 - 20:00)での放送。
|-
| 6 || [[新ビックリマン]] || 1989年4月9日 - 1990年8月26日|| 全72話 ||同作品より制作の朝日放送の表記が「ABC」となり、ロゴマーク(3代目)が使用。そに伴いたほか、旭通信社の表記も「ASATSU」に変更された
|-
!colspan="5"|[[1990年代]]
|-
| 7 || [[まじかる☆タルるートくん#アニメ版|まじかる☆タルるートくん]] || 1990年9月2日 - 1992年5月10日|| 全87話 ||唯一の『[[週刊少年ジャンプ]]』連載作品{{efn|[[江川達也]]原作としては数少ない少年漫画作品の一つでもある。}}であり、最高視聴率は1990年10月7日放送分に記録した20.9%。平均視聴率15.9%は本枠史上最高{{efn|いずれも関東地区}}で、放送話数87話も単発作品としては本枠最多となっていた
|-
| 8 || [[スーパービックリマン]] || 1992年5月17日 - 1993年4月4日|| 全44話 ||本枠における最後のビックリマンシリーズ最終作。放送話数44話は本枠最短となっていた
|-
| 9 || [[GS美神 極楽大作戦!!#テレビアニメ|GS美神]] || 1993年4月11日 - 1994年3月6日 || 全45話 ||唯一の『[[週刊少年サンデー]]』連載作品であり、現時点で本枠で放送され最後となった男児向け作品。
|-
| 10 || [[ママレード・ボーイ#テレビアニメ|ママレード・ボーイ]]{{efn|東映アニメーションは、競合局の[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]・[[讀賣テレビ放送|読売テレビ]]他の制作による2018年公開の実写映画版にも製作委員会に参加している。}}|| 1994年3月13日 - 1995年9月3日|| 全76話 ||同作品以降女児向け作品が中心となっている。1994年8月14日放送分(23話『衝撃の告白 「遊、何を言ってるの?」』)にて、本枠通算500回を達成した
|-
| 11 || [[ご近所物語#テレビアニメ|ご近所物語]] || 1995年9月10日 - 1996年9月1日|| 全50話 ||
|-
| 12 || [[花より男子#TVシリーズ|花より男子]] || 1996年9月8日 - 1997年8月31日|| 全51話 ||セル画制作によるモノラル放送はこの作品が最後となり、次番組以降はデジタル制作となっているまで
|-
| 13 || [[夢のクレヨン王国]] || 1997年9月7日 - 1999年1月31日|| 全70話 ||前番組まではセル画制るモノラル放送だったが、この作品からデジタル制作に移管。<br />現時点で本枠で放送され最後となった1年以上放送の原作付き単一作品。<br />1999年1月3日放送分(第66話『17月の旅I』)からより、旭通信社が第一企画と合併して発足したアサツー ディ・ケイが制作として参加。
|-
| 14 || [[おジャ魔女どれみ#『おジャ魔女どれみ』|おジャ魔女どれみ]] || 1999年2月7日 - 2000年1月30日|| 全51話 ||同作品より'''[[おジャ魔女どれみ|おジャ魔女どれみシリーズ]]'''、[[東堂いづみ]]原作のアニメ枠。<br />同作品より『スター☆トゥインクルプリキュア』まで放送期間が2月第1週開始、翌年1月最終週終了の1年間の放送で固定される。<br />同シリーズの放送期間中よりから東映側の制作表記が「制作・東映アニメーション、制作協力・東映」に切り替わることになる。
|-
!colspan="5"|[[2000年代]]
| 16 || [[おジャ魔女どれみ#『も〜っと! おジャ魔女どれみ』|も〜っと!おジャ魔女どれみ]] || 2001年2月4日 - 2002年1月27日|| 全50話 ||
|-
| 17 || [[おジャ魔女どれみ#『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!』|おジャ魔女どれみドッカ〜ン!]] || 2002年2月3日 - 2003年1月26日|| 全51話 ||本枠における最後のおジャ魔女どれみシリーズ最終作。<br />2002年11月10日放送分(第40話『どれみと魔女をやめた魔女』)からより制作のアサツー ディ・ケイの表記が「ASATSU-DK」から「ADK」に変更される
|-
| 18 || [[明日のナージャ]] || 2003年2月2日 - 2004年1月25日|| 全50話 ||現時点で本枠で放送され最後となった単発アニメ作品。
|-
| 19 || [[ふたりはプリキュア]] || 2004年2月1日 - 2005年1月30日|| 全49話 ||同作品より'''[[プリキュアシリーズ]]'''。2004年7月25日放送分(第25話『いざ光の園へポポ! 私たちも!?』)にて、本枠通算1000回を達成した
|-
| 20 || [[ふたりはプリキュア|ふたりはプリキュア<br />Max Heart]] || 2005年2月6日 - 2006年1月29日|| 全47話 ||『ふたりはプリキュア』の続編。
|-
| 21 || [[ふたりはプリキュア Splash Star|ふたりはプリキュア<br />Splash Star]] || 2006年2月5日 - 2007年1月28日|| 全49話 ||
|-
| 22 || [[Yes!プリキュア5]] || 2007年2月4日 - 2008年1月27日|| 全49話 ||同作品より[[ハイビジョン制作|ハイビジョン放送]]。<br />同作品の放送期間中である2007年3月より、[[ニチアサキッズタイム]]第4枠として位置付けられる。<br />2008年1月6日放送分(第46話「カワリーノ非情の策略!」)からより制作のABCのロゴマークが現行の4代目ロゴに変更される。
|-
| 23 || [[Yes!プリキュア5GoGo!]] || 2008年2月3日 - 2009年1月25日|| 全48話 ||『Yes!プリキュア5』の続編。
|-
| 24 || [[フレッシュプリキュア!]] || 2009年2月1日 - 2010年1月31日|| 全50話 ||
!colspan="5"|[[2010年代]]
|-
| 25 || [[ハートキャッチプリキュア!]] || 2010年2月7日 - 2011年1月30日|| 全49話 ||同作品の放送期間中である2010年9月より、[[データ放送|番組連動データ放送]]を開始した
|-
| 26 || [[スイートプリキュア♪]] || 2011年2月6日 - 2012年1月29日|| 全48話 ||
| 28 || [[ドキドキ!プリキュア]] || 2013年2月3日 - 2014年1月26日|| 全49話 ||
|-
| 29 || [[ハピネスチャージプリキュア!]] || 2014年2月2日 - 2015年1月25日|| 全49話 ||2014年10月5日放送分(第35話『みんなでおいしく!ゆうこのハピネスデリバリー!』)で本枠の成立から30年を迎えていた。<br />2014年11月9日放送分(第39話『いおな大ショック!キュアテンダーの旅立ち!』)で、本枠通算1500回を達成した
|-
| 30 || [[Go!プリンセスプリキュア]] || 2015年2月1日 - 2016年1月31日||全50話||
|-
| 31 || [[魔法つかいプリキュア!]] || 2016年2月7日 - 2017年1月29日||全50話||2016年7月3日放送分(第22話『芽生える新たな伝説!キュアフェリーチェ誕生!』)からより、[[ABCアニメーション]]が制作として参加。
|-
|32 || [[キラキラ☆プリキュアアラモード]] || 2017年2月5日 - 2018年1月28日||全49話||
|-
|33 || [[HUGっと!プリキュア]] || 2018年2月4日 - 2019年1月27日||全49話||2018年4月1日放送分(第9話『丘をこえ行こうよ!レッツ・ラ・ハイキング!』)からより、制作局が朝日放送テレビに変更された。<br/>2019年1月よりADKグループの持株会社体制化に伴って発足した、ADKエモーションズが制作として参加(制作クレジットは現行ADKロゴのまま)。
|-
|34 || [[スター☆トゥインクルプリキュア]] || 2019年2月3日 - 2020年1月26日|| 全49話 ||
!colspan="5"|[[2020年代]]
|-
|35 || [[ヒーリングっど♥プリキュア]] || 2020年2月2日 - 2021年2月21日|| 全45話{{efn|傑作選を含めた話数は全54話。}} ||[[2019新型コロナウイルス|新型コロナウイルスの感染拡大]]に伴い、2020年4月26日から6月21日までの9週間の間「おさらいセレクション」として序盤の回の再放送期間あり。
|-
|36 || [[トロピカル〜ジュ!プリキュア]] || 2021年2月28日 - ||<!-- 全 話 -->||上述の影響から開始が例年と異なるが、プリキュアシリーズとしては初めて2月第1週以外開始となる。
|}