「木子清敬」の版間の差分

享年
(平家稗官?)
(享年)
 
|awards = [[勲四等]][[旭日小綬章]]([[1907年]])
}}
'''木子 清敬'''(きご きよよし、[[弘化]]元年12(1844年)12月24日(新暦[[1845年]]1月31日)- [[明治]]40年([[1907年]])[[6月25日]])は、日本の[[建築家]]。[[明治宮殿]]をはじめ、皇室関係の造営工事で活躍した。帝国大学工科大学講師として、大学において初めて[[日本建築史]]の講義を行ったことでも知られる。
 
== 経歴 ==
1845年1月31日(弘化元年12月24日(1844年[[山城国]]上京中立売通宝町(現在の[[京都市]][[上京区]])に生まれる。幼名は勝治郎。木子家は代々、宮中の修理職棟梁の家柄であった。明治維新前から宮中に奉仕し、[[東京奠都]]を機に上京し、1873年(明治6年)[[宮内省]]に入る。
 
[[1881年]](明治14年)に皇居造営掛。同年の明治宮殿御造営の際、御造営掛として設計施工に関与した。
[[辰野金吾]]の要請を受け、[[1889年]](明治22年)から[[1901年]](明治34年)まで、帝国大学工科大学造家学科(現・東京大学工学部建築学科)で初めて日本建築の授業を受けもった。それまでもっぱら[[洋風建築]]が講じられてきた工科大学において「日本建築」を講じたことで、[[伊東忠太]]や[[関野貞]]といった[[日本建築史|日本建築史学]]の草分けとなる人材を育てたと言える。伊東忠太とは後に[[平安神宮]](明治28年)を共同で手がけている。
 
[[1904年]](明治37年)、[[脳溢血]]に倒れ、[[1906年]](明治39年)に依願免官となる。1907年(明治40年)2月に勲四等に叙せられ、[[旭日小綬章]]を受けた。同年6月に逝去。享年64<!---数えなら64でよいのでは--->。[[正五位]]に叙せられた。
 
子息に、建築家の[[木子幸三郎]]、[[木子七郎]]がいる。