「入江たか子」の版間の差分

m
m
同年、内田監督の『けちんぼ長者』で映画デビュー。華族出の入江の、突然の映画界デビューは、当時の世を騒然とさせた<ref>『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』(サンケイ出版)</ref>。
 
以後、[[村田実]]の『激流』、内田の『[[生ける人形 (1929年の映画)|生ける人形]]』、[[溝口健二]]の『[[東京行進曲]]』などに主演し、たちまち日活現代劇人気ナンバー1女優の地位につく。
 
[[1931年]]([[昭和]]6年)、[[片岡千恵蔵プロダクション|千恵蔵プロ]]を主宰していた[[片岡千恵蔵]]が、入江の現代劇での芸者役を見て「入江は時代劇に向いている」と認め、『元禄十三年』([[稲垣浩]]監督)で相手役に抜擢。時代劇初出演を果たした<ref>『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』「怪猫映画あれこれ」入江たか子(サンケイ出版)</ref>。