「入江たか子」の版間の差分

[[1932年]]([[昭和]]7年)、[[新興キネマ]]と提携して映画製作会社[[入江ぷろだくしょん]]を創立。当時、[[阪東妻三郎]]などスター男優が次々と[[独立プロダクション]]を作っていたが、女優の独立プロも現代劇の独立プロも「入江ぷろ」が初めてであった。この時代、入江たか子は日本映画界最高の位置にあった。その第1作は溝口健二監督、[[中野英治]]共演による『満蒙建国の黎明』だった。この作品は[[満州]]建国を背景に[[川島芳子]]からヒントを得た超大作で[[海外]][[ロケーション撮影|ロケ]]を行い、半年の製作日数をかけた大々的なものだった。
 
この後、日活の俳優、[[田村道美]]と結婚し、のちに田村はたか子の[[マネージャー]]・[[プロデューサー]]となる。田村が自らの人気を考えて結婚を公表せず、[[戸籍|籍]]も入れない別居生活であったため、兄の恭長は田村を嫌い、映画界を辞める。結婚10年後に子供が生まれ、これを機に法的にも結婚する。
 
[[1933年]]([[昭和]]8年)、[[泉鏡花]]の名作『[[滝の白糸]]』をまた溝口監督で撮り、大好評となる。ところが、溝口は一女優の入江ぷろだくしょん作品の監督ということに屈辱を感じていたため、強引に実体のない名前だけの「溝口プロダクション」という名前をその横に列記させてもらい体面を保っていた。