「タンボラ山」の版間の差分

編集の要約なし
(分割提案無効のため)
編集の要約なし
}}
 
'''タンボラ山'''(タンボラさん、[[英語]]:{{Lang|en|Mount Tambora}}、[[インドネシア語]]:{{Lang|id|Gunung Tambora}})は[[インドネシア]]中南部、[[スンバワ島]]にある[[成層火山]]である。島の北側に突き出た[[サンガル半島]]の大部分を占めており、[[標高]]2,851[[メートル]]。山頂には[[直径]]約6[[キロメートル]]、深さ約600メートルの[[カルデラ]]がある。1815年に、記録の残る中では人類史上最大の噴火を引き起こしたこと、およびそれによる自然災害で著名な火山である。
 
== 1815年の大噴火 ==
[[Category:スンバワ島]]
[[Category:インドネシアの火山]]
[[Category:インドネシアのカルデラ‎]]
[[Category:インド洋の火山]]
[[Category:活火山]]
112

回編集